スポンサーリンク

「コンフィデンスマンJP」最終回の連続ドラマというメディアの特性を活かしたトリックと伏線を解説!

コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX

【ネタバレ注意!】本エントリーは「コンフィデンスマンJP」最終回の重大なネタバレを含んでいます。

長澤まさみ主演の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が最終回を迎えた。最終回のオチは実はこの最終回の内容は時系列的には1話目より前というものだったが、連続ドラマというメディアの構造を上手くメタ的に使ったトリックで凄く面白かった。今回はそのトリックの面白さを解説する。

 

  • 思い込みを使ったトリック

連続ドラマの最終回はその物語の時系列的にはラストが描かれると多くの人は思い込んでいる。また本作は最終回の前週の放送で物語を2年後まで進めたり、最終回の冒頭で物語を1年後まで進めたりとテロップで物語の世界で確実に時間が進んでいることを視聴者に提示していた。今回のトリックはそんな多くの人が前提として共有している連続ドラマというメディアの特性を最大限に生かした見事な演出だと感じた。

 

 

  • 二重の騙し

f:id:junk-weed:20180612155046p:image

本作のゲストキャラクターは毎回頭のキレる人間ばかりで常に警戒心を払っていた。しかし彼が油断する時は相手の罠を見破り回避したと感じた時で、そこに付け込まれてやられてしまう。これは「騙し」をテーマにした本作を鑑賞する多くの視聴者に当てはまる。視聴者は「最終回のラストでダー子達が撃たれたまま死んで終わる訳がない」と常に「何か仕掛けがあるはずだ」と警戒して見ていた筈だ。特に先週の放送回で映画化が発表されているのだから、このまま死んで終わりはあり得ない。だからこそ物語のラストで今回のトリックが全て説明されて佐藤隆太が逮捕された後、視聴者の警戒心は下がっていた。

f:id:junk-weed:20180612162503j:image

この油断している時が一番人は騙されやすい。その為クライマックスで3人の会話に違和感を覚え始めた時にはまんまと騙された状態にいる。

「目に見えるものが真実とは限らない。何が本当で何が嘘か」

「最終回」だと思って見てた回は初回の前日譚に当たる「episode0」だったのだ。つまりこれが彼女ら3人の手口であり、安心し信用して油断したところを突いてくる。この作品は最終回で3人が人を騙す手口で視聴者に騙される疑似体験をさせたのだ。今回最後まで「episode0」だという事に気付かなかった人達は3人に会ったらまず間違いなく大金を騙し取られる筈だ。さらに驚いたのは物語の中で「相手を信用していたから騙されたと思っていない人がいる」というセリフがあるが今回放送後にTwitterを見ると「1話に繋がった事」を驚いているだけで騙されたという感覚を持っていない人も大勢いたようだ。ここまで狙っていたなら本当に凄い。多分ここまでは狙ってないと思うけど… 脚本家の古沢良太さん的には今回のラストで「スゴイ!」と驚かれて喜ばれるのと「騙された!」って悔しがられるのどっちが嬉しいんだろう?もしかしたら「episode0」だという事に気付かなかった人もいるかも… 最終回だけ見た人は絶対気付かないしね… 初回から最終回まで見た人だけが分かるトリックだったのだ。

 

 

  • 「最終回」が「episode0」の伏線

 

  • 副音声

最終回の1週間前の放送の副音声がメインキャスト3人が揃い公開収録が行われた。正に最終回に相応しく勢揃い。それに対して最終回は小手伸也さん1人だけ。

  • 映画化発表

f:id:junk-weed:20180612160859j:image

先週の段階で映画化を発表。普通は最終回放送後にやるが、何故か1週前に発表していた。

  • 398回目

f:id:junk-weed:20180612161935j:image

ボクちゃんがこの世界から足を洗うと決意した回数が1話目より前の数字に戻っている。

  • episode0

f:id:junk-weed:20180612162029j:image

ダー子達が見てたドラマのDVDの右上にシリーズの「episode0」だと表記されている。ところでこのドラマってあの世界では本当にあるのかダー子達がわざわざこの騙し用に作ったのか気になる。

  • 部屋番号

f:id:junk-weed:20180612162443j:image

ダー子達の部屋番号が「000」。

  • ワインセラー

f:id:junk-weed:20180612163838j:image

最初に銃に撃たれたと勘違いしてた人物が初回からずっとダー子達にワインを注いでいる人。

 

 

  • 最後

youtu.be

「コンフィデンスマンJP」の初回放送前の予告編を今見返しすと放送前に映画撮影の為に全話前倒しで撮影が終わっていたという週刊誌の報道が正しかった事が分かる。つまり本作は初回から最終回までキッチリと計算され尽くして作られていた事の裏付けになる。俳優の小栗旬さんは日本の連続ドラマは視聴者の声を気にしすぎてその度に脚本をイジる為現場が混乱すると苦言を呈していた。もちろん「ロングバケーション」のように視聴者の意見を柔軟に取り入れて支持を得た作品もあるので放送前に全ての撮影を終わらせる方法が絶対的に正しいとは思わない。堤幸彦監督の「神の舌を持つ男」だって放送前に全話撮り終えてたしね… ただ本作に関してはその方法がしっかりとハマった印象だ。

本作の最終回の視聴率は9.2%、最高視聴率は9.5%で平均視聴率は8.9%と振るわなかった。非常に残念だが結果は結果。映画版でぜひ挽回して欲しいと心から願う。

 

関連記事

www.junk-weed.site

www.junk-weed.site

www.junk-weed.site

www.junk-weed.site

www.junk-weed.site

 

Twitterアカウント

Junk-weed’s Blog (@junk_weed) on Twitter

 

コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX

コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX