スポンサーリンク

酒場で愚痴った「失恋トーク」でラジオデビュー!?テレビアニメも放送開始した漫画『波よ聞いてくれ』を紹介!

人気漫画をテレビアニメ化した『波よ聞いてくれ』の第1話が先日放送された。本作は『無限の住人』の沙村広明先生が2014年より『月刊アフタヌーン』で連載を開始した作品。人によっては「このセリフ回し、イカしてるでしょ?」みたいなノリが鼻につくと感じる…

シュレッダーにかけて忘れたい!?2019年度大コケ映画<邦画編・後編>

もしかしたら関係者が「シュレッダーにかけて忘れたい!」と思ってるかもしれない2019年度に公開して興行的に失敗した映画。今回は邦画編の後編。選考基準は全国280館以上で公開されたが、興行収入10億円に届かなかった作品。 東京喰種 トーキョーグール【S…

新型コロナウイルスが「追い風」になるかと思いきや… 『半沢直樹』『BG』etc、話題の春ドラマが複数放送延期へ

※放送日を「4月19日」から「近日放送」へ変更したCM 依然世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。当初は「家に引きこもるから、テレビ局の視聴率は上がり恩恵を受ける」とされており、実際現在も報道系の番組は高視聴率を記録する番組が多いという。…

自分を置いて亡くなったおばあちゃんを許せない杏奈がマーニーとした最後の会話/『思い出のマーニー』ネタバレ感想

米林宏昌監督の『思い出のマーニー』を公開当時に劇場で観た時は、公開3日目にも関わらず500席以上あるスクリーンで観客は自分1人だけだった。「スタジオジブリ作品にしては入っていない」という話は聞いていたが、それでもその半年前に公開され本作より興行…

新型コロナで壊滅した「2020年度GW興行」/『名探偵コナン 緋色の弾丸』『コンフィデンスマンJP』など公開延期へ

東宝は新型コロナウイルス感染拡大防止のためにゴールデンウィーク興行を狙って公開予定だった『名探偵コナン 緋色の弾丸』『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』『糸』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の4本を公開延期…

「世代交代」に失敗したジブリ/『ゲド戦記』『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂から』『思い出のマーニー』

スタジオジブリ、制作部門の休止 そう発表されたのは2014年8月、米林宏昌監督の『思い出のマーニー』が公開中の夏だった。かつてプロデューサーの鈴木敏夫さんは「スタジオジブリは宮崎駿監督と高畑勲監督の作品を作る場所」「映画がコケたら、それで終わり…

地上波放送映画における「ノーカット放送」と「本編ノーカット放送」の違い/エンドクレジットがカットされるケース

金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ 地上波で映画が放送される場合、放送枠に沿って英語の内容が大幅にカットされる場合も多い。例えば日本テレビの『金曜ロードSHOW!』の放送枠は9時から10時54分と、放送時間は114分だ。ただし民放はCMが入るので、実際の…

「東京オリンピック延期」「アベノマスク」 『カイジ ファイナルゲーム』も予想できなかった新型コロナの猛威

世界中で猛威を振るう「新型コロナウイルス」の影響で安倍政権のレガシーとなる予定だった「東京オリンピック」は延期を余儀なくされた。今年1月に公開され興行収入20億円超えの大ヒットを記録した藤原竜也主演『カイジ ファイナルゲーム』では東京オリンピ…

新型コロナウイルスで再注目される映画『感染列島』が描いた「医療崩壊」と「埋葬できない死体」

新型コロナウイルスで再注目された映画『#感染列島』観たら「駄作」だった - Junk-weed’s Blog#新型コロナウイルス #新型コロナ #マスク https://t.co/gJJNFER6TE— Junk-weed’s Blog (@junk_weed) 2020年3月26日 先日、当ブログでは新型コロナウイルス感染拡…

「濃厚接触」が重要なキーとなる『アンナチュラル』第1話 /「2年前にコロナパニックを予期していたようだ」と話題

【注意】『アンナチュラル』第1話ネタバレ 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている。そんな中で話題となっているのが2018年1月クールにTBSテレビで放送された石原さとみ主演のテレビドラマ『アンナチュラル』だ。本作は全国初の死因究明に特化した…

「首都圏外出自粛要請」「シネコン一部営業休止」 猛威振るう新型コロナ、動員ランキング1位も「週末興行1億円割れ」

首都圏の「外出自粛要請」により、首都圏の一部シネコンは営業を休止した。シネコンは換気などの観点から新型コロナの感染リスクが低い場所という話もある。しかし1人客ならマスクをして黙って鑑賞して終わりだが、友人やカップルなど複数人で鑑賞するような…

阿部寛・山下智久・長澤まさみ・新垣結衣、人気俳優が集結したテレビドラマ『ドラゴン桜』を原作ファンが観た感想

【注意】原作とドラマのネタバレ 原作ファンを自称しながら今までスルーし続けてきた阿部寛主演のテレビドラマ『ドラゴン桜』を観た。本ドラマはTBSテレビにて2005年の7月クールで放送された作品。全話平均視聴率は16.4%で、最終回は自己最高となる20.3%を記…

『魔人探偵脳噛ネウロ』で得た教訓 原作と映画「同時完結」で避けた『暗殺教室』ジャンプ掲載順での低迷

2020年3月30日、フジテレビで『暗殺教室 卒業編』が地上波初放送される。本作は公開当時、原作と「同時完結」したことも話題となった。 明暗分かれたメディアミックス www.junk-weed.site www.junk-weed.site 当ブログでは過去に松井優征先生は前作『魔人探…

原作と映画「同時完結」成し遂げた『暗殺教室』の背景にある松井優征の「人気漫画の実写映画版」への考え方

2020年3月30日、フジテレビで『暗殺教室 卒業編』が地上波初放送される。 原作ファンからの「不安」 『暗殺教室』は2012年から2016年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された作品。コミックス累計発行部数は2400万部を超え、実写映画化だけでなくテレビアニメ…

『2分の1の魔法』、新型コロナ影響でピクサー初の全米興行「1億ドル割れ」

新型コロナウイルスの影響でアメリカの映画館は閉鎖された。その結果、ディズニー・ピクサー最新作『2分の1の魔法』の全米興行が1億ドルを下回るのが確定した。これは1995年に『トイ・ストーリー』が公開されてから、24年間で22作品を公開してきたピクサー映…

【ステマ】非公式装った『ONE PIECE』アートプロジェクト「BUSTERCALL」/「世界一の漫画にしては…」発言の主語

BUSTERCALL 国内外約200人のアーティストが『ONE PIECE』から着想を得たイラストや造形物などを発表する、非公式アートプロジェクト「BUSTERCALL」はジャンプ編集部主導の公式企画だったことが明らかになった。『ステマ疑惑で炎上の『ワンピース』非公式アー…

股間が狙われまくるアクション映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』

ネタバレ注意 DCユニバース最新作『ハーレイ・クイン』を観た。 本作は2016年に公開された『スーサイド・スクワッド』で人気を博したハーレイ・クインを主人公にした作品。ハーレイ・クインはジョーカーに恋に落ちたことで悪の道に走ったが、本作ではオープ…

新型コロナウイルスで再注目された映画『感染列島』を観たら「駄作」だった

新型コロナウイルス感染拡大によって2009年に公開された映画『感染列島』が再注目されている。 再注目された理由 再注目されるキッカケとなったのは、Amazonに投稿されていた上記のレビュー。この画像がネットにアップされたことで、「『感染列島』はリアル…

夢のないフリーター女子が「幸せな人生のループ」求めて婚活開始 東村アキコ『東京タラレバ娘 シーズン2』感想

吉高由里子主演でテレビドラマ化もされた累計発行部数500万部を超える東村アキコのヒット作品『東京タラレバ娘』の「シーズン2」が始まった。前作の主人公は「6年後の東京オリンピックで40歳になる33歳」「結婚願望は強くて焦ってるけど、女友達と居酒屋で『…

映画観賞後に「濃厚接触」しそうなカップルが多い劇場で『仮面病棟』を観たら、また「××案件」だった

木村ひさし監督最新作『仮面病棟』を観た。現役医師で作家の知念実希人によるベストセラー小説を、坂口健太郎と永野芽郁の共演で映画化した作品。新型コロナウイルスの影響で興行的にあまり振るっていないという話だが、自分が観た回は中箱ではあったが若者…

『ハーレイ・クイン』も新型コロナで大打撃!初登場1位もオープニング興行はDCユニバース史上「ワースト」

日本では何故か「新型コロナもそろそろ収束かな?」というような空気も漂ったりしたが、専門家によると「免疫」という観点から「ピーク」が訪れることなく収束は難しいという。安倍政権はピークの山を出来るだけ後ろに遅らせ、緩やかにしたいと考えている。…

『100日後に死ぬワニ』の輪っかと羽をつけた「追悼ショップ」のイラスト、アレどういう気持ちで見ればいいの?

<注意>『100日後に死ぬワニ』が好きな人は不快な気持ちになると思うので、読まない方がいいです 『100日後に死ぬワニ』の「追悼ショップ」のイラスト。いや、アレどういう気持ちで見ろっていうんだよ。『ドラゴンボール』よろしく、頭には輪っか、背中には羽…

エメリッヒ監督が作って後悔した続編映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 興行的失敗で「第3弾は凍結」

2020年2月21日、フジテレビ系列『土曜プレミアム』で2016年に公開されたローランド・エメリッヒ監督作品『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』が地上波初初放送される。本作は1996年に公開された『インデペンデンス・デイ』の続編。前作は製作費0.75億…

死後、怒涛の商業展開に賛否も… 『100日後に死ぬワニ』をヒットに導いた「SNS利用者」と「ネット漫画」の特徴

※原作者が「最初から仕組まれたプロジェクトではない」と否定したので、一部赤文字で加筆しました。 『100日後に死ぬワニ』の100日目が更新されてから、怒涛の商品展開が始まった。その関連企業には電通のグループ企業があったことから、「本作は電通案件だ…

『100日後に死ぬワニ』が電通案件だと話題になった途端に「冷めた」とか「萎えた」とかいう人が多い理由

100日後に死ぬワニ追悼 POP UP SHOP in ロフト ※原作者が「最初から仕組まれたプロジェクトではない」と否定したので、一部赤文字で加筆しました。 ネット上では「『100日後に死ぬワニ』は電通案件だった」と話題になっている。確かに「単行本化」はともかく…

『100日後に死ぬワニ』、100日目更新 「ワニの死因」に様々な憶測飛び交う

<注意>『100日後に死ぬワニ』のネタバレ 『100日後に死ぬワニ』の100日目が更新された。 「100日後に死ぬワニ」100日目 pic.twitter.com/r0Idn9I7mR— きくちゆうき (@yuukikikuchi) 2020年3月20日 19時になっても中々更新されなかったので、「なるほど、ワニ…

【評価】『ザ・マミー』大コケで「ダーク・ユニバース」は打ち切りに… しかし方向転換した『透明人間』は大ヒット!

2020年3月20日、フジテレビ系列でトム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が地上波初放送される。 「ダーク・ユニバース」第1弾も大コケ 本作は1920年代から1950年代にかけてユニバーサル・スタジオが製作したホラー映画・スリラー映画・SF映…

「菅元首相を加工」「事故を美談化」「復興五輪プロパガンダ」 賛否吹き荒れる『Fukushima 50』

賛否吹き荒れる『Fukushima 50』を観た。本作は門田隆将著のノンフィクション書籍『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』を原作に、福島第一原子力発電所事故を描いた作品。公開前に配信された『キネ旬 Review ~キネマ旬報映画レビュアーによる新作映画…

新型コロナ影響で春休み興行大ダメージ!『2分の1の魔法』公開予定だった3月2週目も「寂しい結果」

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が「これからの1~2週間が、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」と発表してから、既に2週間以上が経つが未だ収束する気配がない「新型コロナウイルス」。その影響は映画界にも深刻なダメージを与えている。『…

受験から逃げ、目的もなく入った農業高校で伝説へ/『銀の匙 Silver Spoon』最終15巻ネタバレ感想

荒川弘先生の『銀の匙』を全巻読破した。 休載続き、完結へ 『銀の匙』は『週刊少年サンデー』で2011年から連載された、北海道の農業高等学校を舞台とした学園漫画。小学館の漫画の中では最速となる第4巻で初版が100万部を突破して、累計発行部数は1500万部…