スポンサーリンク

冬休み映画興行収入レポート2020<後編>

f:id:junk-weed:20200131205533j:image

冬休み映画興行収入振り返りの後編。

 

  • ジュマンジ ネクスト・レベル

【映画パンフレット】ジュマンジ/ネクスト・レベル

『ジュマンジ ネクスト・レベル』は興行見込み9億円前後と10億円突破は厳しそう。世界的な大ヒットを記録した前作も日本では興行収入12.4億円とボチボチだったので「やむなし」か… 前作の地上波初放送が本作公開の1ヶ月後だったのが残念。どうしてタイアップ放送なのに、そんな無碍な扱いだったのか… もう少し旬なタイミングで放送してくれれば10億円突破もできたかもしれないのに… 悔やまれる。

 

 

  • 仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』オリジナル サウンド トラック

平成最後のライダーと令和最初のライダーが共闘する『仮面ライダー』は興行収入7〜8億円程度と昨年の冬公開され興行収入15億円を突破した『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』から半減。令和ライダーの行方は…

 

  • 映画妖怪学園Y 猫はHEROになれるか

【映画パンフレット】 映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか 監督 髙橋滋春

東宝史上最高のオープニング成績を記録して興行収入78.0億円の大ヒットとなった『妖怪ウォッチ』の劇場版第1作目が公開されたのが2014年。それから5年、劇場版は第6作目を迎えたが興行収入はシリーズを重ねるごとに右肩下がり… ついに興行収入10億円を割った。一時は春休みの『ドラえもん』、ゴールデンウィークの『名探偵コナン』『クレヨンしんちゃん』、夏休みの『ポケモン』に次ぐ冬休みの人気アニメ映画の定番になることも期待されたが、現実は厳しい。

 

 

  • カツベン!

映画『カツベン! 』オフィシャル・アルバム (特典なし)

『Shall we ダンス?』の周防正行監督が、サイレント映画時代を舞台に一流活動弁士になることを夢見る青年を描く『カツベン!』は全国301スクリーンと大規模で公開したがオープニング成績は3日間で0.78億円と大コケ。『仮面ライダー』とイマイチだったし、今年の冬の東映は惨敗といった感じか…

 

  • ヒックとドラゴン 聖地への冒険

ヒックとドラゴン 聖地への冒険【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]

最後はシリーズ1作目が世界中でヒットしたのに日本では全然ダメで2作目は日本での劇場公開がスルーされた『ヒックとドラゴン』シリーズの3作目。案の定、といっては失礼だが日本での興行収入は惨敗。どうして2作目は劇場公開すらスルーしたのに、3作目は全国300館の大規模公開したのか謎な映画。もちろんシリーズファンは嬉しいのだろうが…

 

 

前編・後編で冬休みの映画興行を振り返ると、『アナと雪の女王2』の大ヒットはあったが、何とも盛り上がりに欠けるシーズンだった。

 

前編


Twitterアカウント

Junk-weed’s Blog (@junk_weed) on Twitter