スポンサーリンク

『カイジ』2週連続視聴率一桁も「トレンド入り」で宣伝成功か

f:id:junk-weed:20200129222344j:image

『カイジ ファイナルゲーム』公開タイアップとしてシリーズ1作目の『カイジ 人生逆転ゲーム』とシリーズ2作目の『カイジ 人生奪回ゲーム』が『金曜ロードshow!』で放送された。前者の視聴率は8.1%、後者の視聴率は8.8%と2週連続一桁だった。

 

勿論日テレサイドとしては「2週連続二桁欲しかった」というのが本音だろう。しかしカイジ1作目は2009年公開作品、2作目は2011年公開作品とかなり古い作品だし、既に地上波で繰り返し放送されている作品。また近年大ヒットした話題の洋画を放送枠を拡大して地上波初放送した結果、今回の『カイジ』より低視聴率を記録することもザラなのでそこまで悪くない数字なのではないかと感じる。大金を払って放映権を買わなくてはいけない洋画と違って、日テレ製作映画の『カイジ』は放送のためのコストも少ないはずだ。

 

 

また本作は最新作の宣伝のために放送されたわけだが、本作放送中はTwitterで本作関連のワードが複数トレンド入りしたことで実際に放送を観ていない人たちにも『カイジ』という作品の存在感をアピールできた可能性は高い。

 

 

実際『カイジ ファイナルゲーム』の週末興行収入の推移は、1作目が放送された翌日からの2週目の週末は前週比62.2%と大ヒット作品の続編としては維持率が高く、2作目が放送された翌日からの3週目の週末の前週比は88.0%と落ち幅が少なかった。興行収入は既に14億円を突破しており、前作の最終興行16.1億円を上回るのは時間の問題で最終興行20億円突破も現実味を帯びている。この手の続編はオープニング興行に対して最終興行が伸び悩む傾向にあるが、本作はシッカリと数字を積み重ねている。

 

 

更に本作は前述した通り日テレ製作映画。大作洋画のタイアップ放送と違って、視聴率がダメでも映画興行に繋がれば全体としての利益に繋がる。そのため『カイジ』の最新作タイアップ放送は視聴率以上の宣伝効果があったのではないかと感じる。

 

カイジ 人生逆転ゲーム

カイジ 人生逆転ゲーム

  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: Prime Video
 
カイジ2~人生奪回ゲーム~

カイジ2~人生奪回ゲーム~

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

Twitterアカウント

Junk-weed’s Blog (@junk_weed) on Twitter