RPGをプレイしているようなワクワク感で科学のありがたみを教えてくれるマンガ『Dr.STONE』

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

今更ながら、話題作『Dr.STONE』を最新刊まで読んだ。この作品は『アイシールド21』の原作者である稲垣理一郎先生が原作、作画をBoichi先生がつとめている『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画だ。

 

 

f:id:junk-weed:20191202102312j:image
<出典:原作:稲垣理一郎、作画:Boichi/集英社>

本作は開始早々全人類が石になるという衝撃展開がくる。インパクト抜群で掴みとして完璧。どうしてこのような状況になったのか、否応にも気になり、凄い勢いで読み進めてしまう。更に驚くのは、この漫画はこの状況で数千年の時が進んでしまうこと。文明が滅び、人類が石になった状況で目覚めた「科学オタクの主人公」とその仲間たちが石になった人々を蘇らせて、文明を取り戻そうとするファンタジー漫画だ。

 

 

f:id:junk-weed:20191202103414j:image

<出典:原作:稲垣理一郎、作画:Boichi/集英社>

主人公たちが科学の力で「火薬」や「バッテリー」「気球」「船」などのアイテムを次々と蘇らせていくことで戦闘力が上がったり、行動範囲が広がっていく様子は「RPG」をプレイしているようなワクワク感がある。また文明が滅んだ世界に科学を蘇らせていき生活が豊かになっていく過程は、生活の不便さが如何に科学によって埋め合わされているかを改めて実感することができ、科学のありがたさを再確認させてくれる。

 

 

本作を読んだことがキッカケで、将来科学者を目指そうと決めた少年・少女がいるかもしれない。

 

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:稲垣理一郎,Boichi
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/07/04
  • メディア: Kindle版
 

 

Twitterアカウント

Junk-weed’s Blog (@junk_weed) on Twitter