情弱だから『ワイルド・スピード スーパーコンボ』をスピンオフだと知らずに公開初日に観た

f:id:junk-weed:20190825015236j:image

ネタバレ注意

記事のタイトル通り『ワイルド・スピード スーパーコンボ』をスピンオフ作品だと知らずに公開初日に観てきた。いやはや、「おかしい」とは思っていた。予告編では前作までの派手さはないし、オープニングもシリーズ恒例のカーチェイスではない。またボンヤリとした記憶しかないが、前作に登場した敵の女も登場しない。何だか全体的にユルい作品だなと思ったら案の定だ。

 

 

そもそも敵のフィクションラインが一気に上がっていたことにもビックリした。もはやターミネーター同様に不死身の体を持ち、バイクはトランスフォーマーのように変形して車の下を通る。ラストは雨の中で『マトリックス レボリューションズ』のスミスとの戦いを思い起こさせるような雨の中スローモーションで殴り合い。散々引っ張った挙句に「2人で共闘すれば倒せる」は拍子抜けだったけどワイスピだから何となくオールオーケーだなといった感じ。

 

 

しかし本作の鑑賞体感時間は本当に長かった。飛行機内でのギャグシーンとかは滑ってたし、終わりが見えなくてキツかった。だからスピンオフだと知って少し安堵。

 

 

ちなみに同じ日に『ドラクエ』を鑑賞した時に「勇者の剣」のキーホルダーが貰えて喜んでたら、『ワイスピ』でも貰えて少し萎えた。どうやらその日映画を鑑賞した人には作品問わず全員に配ってたらしい。

 

Twitterアカウント

Junk-weed’s Blog (@junk_weed) on Twitter