『天気の子』オープニング3日間で16億円突破で『君の名は。』超えスタート!興行100億円突破なるか!?

f:id:junk-weed:20190722200754j:image

新海誠監督最新作『天気の子』が全国448スクリーンで封切られオープニング3日間で16億4380万9400円をあげ、最終興行100億円突破に向けたメガヒットスタートを切った。

 

  • 『君の名は。』オープニング対比で128.6%

君の名は。

新海誠監督の前作『君の名は。』は2016年8月26日(金)に全国301スクリーンで封切られオープニング3日間で12億7795万8800円となっており、『天気の子』は『君の名は。』のオープニング興行対比で128.6%の好スタートとなっている。

『天気の子』が『君の名は。』を大きく上回るオープニング興行を叩き出せた理由として、公開スクリーン数が前作は全国301スクリーンだったのに対して本作は全国448スクリーンと150スクリーン近く増え、国内最大規模での公開となり物理的なキャパが増えた点。また前作が記録的な大ヒットをした事から、地上波放送なども通してこの3年間で新海誠監督ブランドが上昇した事。また宣伝費が増えた事から映画単体のCMだけでなく、企業タイアップCMも多く流れて露出度が増えた事などが考えられる。

 

 

  • ライバルは『トイ・ストーリー4』

トイ・ストーリー4 (オリジナル・サウンドトラック)

『君の名は。』超えのメガヒットスタートを切った『天気の子』だったが、実は1週間前に封切られた『トイ・ストーリー4』のオープニング3日間の興行17億0686万円にはやや劣る結果となった。『トイ・ストーリー4』は2週目も『天気の子』に座席数の多いスクリーンを奪われながらも、土日2日間で興行8億5500万円を記録しており累計興行は既に40億円を突破しようとしている。今週中には50億円突破をすることは確実で、最終興行100億円に向けて爆走中だ。『トイ・ストーリー4』はファミリー層・男子学生・女子学生・社会人・カップル・夫婦と老若男女問わず幅広い層に需要がある作品。一方で『天気の子』は若者層がメインターゲット。興行収入100億円突破に向けてこの夏最大のライバルとなるのは『トイ・ストーリー4』だと考えられる。

 

 

  • 台風の目の可能性がある『ドラクエ』

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 映画ノベライズ (ダッシュエックス文庫)

また8月2日(金)から封切られる『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は大ヒットゲーム『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』を3DCGアニメ化した作品も台風の目の可能性を秘めている。『ドラクエ』は興行収入83.8億円の大ヒットを記録した『STAND BY ME ドラえもん』の山崎貴監督が脚本・総監督を務める話題作。『ドラクエ』はスーファミだけでなく、プレステ2・DS・スマホとリメイクを重ね多くの世代から愛されている。つまり『トイ・ストーリー4』と同じく幅広い客層に訴えかける作品となり『天気の子』のライバルとなる可能性がある。

 

 

  • お金が動くお祭り映画

f:id:junk-weed:20190722194427p:image

『天気の子』は前述した企業タイアップCMだけでなく、劇中でも『トランスフォーマー ロストエイジ』レベルで物凄い数のタイアップが行われており実企業の実商品がそのまま登場する。恐らく企業タイアップだけで相当の儲けが出ているはずだ。そして映画の企業タイアップは本来嫌われる傾向にあるが、『天気の子』の場合は現実世界が舞台かつ絵がリアル寄りだから実商品が登場しても違和感がないどろこかむしろリアル感が増してプラスに働いている。多分映画を見終わった後にビックマックやカップヌードルを無意識のうちに買ってる人も少なくないと思うので誰も損しない素敵なタイアップだと思う。ちなみに個人的な好みとしても露骨なタイアップは結構好き。

f:id:junk-weed:20190722195847j:imagef:id:junk-weed:20190722195932j:image

また『天気の子』の舞台となる新宿駅では、『天気の子 STATION』と銘打ちタイアップ中。天井からは傘とてるてる坊主が吊る下げられており、モニターでも『天気の子』のCMが流れまくっている。『シン・ゴジラ』の宣伝費は8.9億円らしいけど、本作の宣伝量を見る限り余裕で10億円は超えているイメージだ。東宝の夏休み大作アニメ映画は、正に多くのお金が動く夏祭りのような存在だ。

 

  • 最後に…

『君の名は。』が8月最終週公開だったのに対して『天気の子』は7月の3週目と掻き入れ時となる夏休みシーズンもお盆休みもガッツリカバー出来る東宝が夏興行で1番期待している作品にあてる最高の公開週での封切り。オープニング興行は期待通りのメガヒットスタートとなったが、最終興行でも100億円を突破して新海誠監督ブランドを確立して欲しい。

 

<関連記事>

 

Twitterアカウント

Junk-weed’s Blog (@junk_weed) on Twitter