NGT48の問題は着地点があるのか?

【山口真帆】 公式生写真 AKB48 NO WAY MAN 劇場盤 それでも彼女はVer.

[前提]誰の味方でも敵でもないよ!

素朴な疑問だけど、小室圭問題と共にHey!Say!JUMPしたNGT48の問題は着地点があるのだろうか?

 

この事件は確か去年の12月に山口さんが男性ファンに襲われたけど、男性ファンは警察と検察の捜査の結果不起訴処分になったというモノ。不起訴の理由は明らかになっていない上に、山口さんが「男性ファンの犯行は同じグループのメンバーが関与している」と主張した事で憶測が臆測を呼び泥沼化し、運営会社は第三者委員会を設置して真相解明に努めると約束した。その後今年の3月に第三者委員会は「メンバーの犯行の関与はなし」という判断をしたが山口さんは納得せずに卒業を選んだというのが大まかな流れだ。

 

 

世間の空気は「正しい事をしたまほほんがグループを卒業しなきゃいけないなんて可哀想!」「若い女性の夢を汚い大人が潰したのは許せない!」みたいな意見が目立つ感じだけど、実際問題第三者委員会が「メンバーの犯行の関与なし」と判断した以上疑惑のあるメンバーを解雇する合理的な理由は運営会社にないどころか、「証拠はないけど山口さんが犯行に関与したと言ってるし、君たちを解雇しないと世間も納得しないから君たちは犯行に関与した犯罪者として解雇するよ!」なんてやったらそれこそ問題だ。仮に本当にメンバーが犯行に関与していないのが事実なら、それこそ山口さんと同じ20歳前後の女性の夢を冤罪で潰す事になる。

 

一方で第三者委員会の調査結果や対応に不満があるという気持ちは分かる。報告書を読むと山口さんを襲ったファンに聞き取り調査を行っていないと記載されているが、その調査内容で「関与なし」と判断されても納得いかないのは当たり前だ。また第三者委員会が会見を開かなかった事にも違和感が残る。「関与なし」と判断したなら「証拠がないメンバーを犯罪者扱いする訳にはいかない」と正々堂々と会見を開いて説明をすればいいのに、報告書だけ書いて運営側に丸投げという第三者委員会の姿勢に対して不満や違和感が残るのは当然だろう。

 

ただ報告書にも書いてある通り第三者委員会は捜査機関ではない為、調査にも限界がある。繰り返しになるが「証拠はないけど世間の空気に沿って犯行の関与があった」とするより「証拠はないから犯行の関与はなかった」と結論付ける方が正しい判断だ。勿論山口さんの一部ファンが主張するように第三者委員会は運営会社と繋がりがあって調査結果を忖度したというなら問題だが、フラットに調査を前提として「証拠がなかった」という判断に不満があるなら、それは最早第三者委員会が調査を行う意味での限界であり、「第三者委員会に真相を解明して貰おう」というシステム自体が成り立たない事を意味しているように感じる。

 

 

また山口さんは「運営側はメンバーを解雇すると約束してくれた」と主張しているが、恐らく運営側は「メンバーが犯行に関与してたなら解雇する」と約束したのであって「メンバーの犯行の事実関係無しに解雇する」と約束した訳ではないのだろう。その為第三者委員会が「関与無し」と判断したから「解雇しない」という結論に達したというのは運営側は山口さんに嘘を吐いたというのとはまた違うように感じるが、その辺りのロジックはスルーされているのも気になる。

 

当然だが山口さんの数年前のハレンチ動画疑惑と今回の証言の信憑性が無関係だという事と同様に、「メンバーが犯行グループと関係があった」事と「メンバーが犯行グループに山口さんへの暴行を指示、もしくは教唆した」事は別問題だ。

 

今後運営会社は山口さんを暴行したとされる男性ファンを提訴して真相追及に努めるみたいだが、果たしてこの問題がどういう着地を迎えるのかが全く想像出来ない。仮に「メンバーの犯行の関与あり」が事実の場合でも、ここまで関与を一貫して否定してきたメンバーが認めるとは思えないし、客観的な証拠が出て来る訳でも状況証拠から黒と認定出来るだけの材料がある訳でもないのだから「証拠がなかったから関与は認められない」で現段階と大差のない結末を迎えるだろう。ただ「関与あり」が事実なら裁判をする過程で何か綻びが見つかり「関与あり」を証明出来る可能性もある。

 

一方で仮に「メンバーの犯行の関与無し」が事実の場合もメンバー側が「自分たちが関与していない」という証明が出来る訳でもなく、山口さんの主張もロジックがある訳ではないので去年の日大アメフト部の宮川君のように綻びが見つかるという事も考え難いだろう。勿論宮川君と違って頻繁に表舞台に立って発言する分、今後主張に綻びが出る可能性もあるが…

 

 

そもそもこの問題は「関与あり」が事実なら「メンバーが嘘をついている」という単純な話だが、「関与無し」が事実の場合は「山口さんが嘘をついている」という可能性と同時に「山口さんは本気でメンバーの関与があったと思い込んでいる」可能性があり後者だとかなり厄介だ。

 

結局報道を見てる限りだと「メンバーの犯行の関与があったのか?なかったのか?」の事実は分からないし、仮に「メンバーの犯行の関与があった」場合も「単純にメンバーが関与してないと嘘をついてるだけ」なのか「運営会社もグルで組織絡みの隠蔽工作をしようとしている」のかも定かではない。その上山口さんの盛大な思い込みが事実でも別に特別変な部分はないし「そもそも何故男性ファンが不起訴になったのか?」すら分からない状態で、このままモヤモヤだけが残って風化していくのだろうなと感じてしまいました。

 

ただ今の世間の空気は山口さんの主張ばかりに偏っていて、仮に現段階で「犯罪者確定だから懲戒解雇されて当然」という扱いを受けてるメンバーが本当に「関与無し」だった場合「彼女らの負った傷の責任は誰が取るのかな?」とは考えてしまいます。

 

勿論山口さんの主張が事実の可能性もあるし、その場合は世間の意見通り「怖い思いをした女性が勇気を持って真相を述べたのに、関与を証明出来ないからグループに居場所がなくなって可愛そう」だと思うのでこれ以上何かを書く気はないのですが…

 

www.asahi.com

ただ今年1月に報じられた「性的被害の痕跡はない」とするカルテという証拠があるにも関わらず、「女性が被害をでっちあげることは考えがたい」という理由で懲役12年の有罪判決を受けた男性の冤罪事件に対して「根拠の無い女性の主張を全面的に信じるなんてあり得ない」と怒った人は今回の件も当然フラットな見方をしていると信じている。

 

こういう書き方をすると「山口真帆を非難してる!」と誤解されそうだから予め弁解するが、両者の主張をフラットに見る事は一方に肩入れしている事とも一方を非難してる事ともイコールではないはずだ。当然山口さんの主張が真実なら、疑惑のメンバーは許されるべきではないだろう。難しいは思うが、真相が明らかになり誰もが納得する結末を迎える事を願う。