2019年個人的注目映画10作品

f:id:junk-weed:20181231185149j:image

新年明けましておめでとうございます。

今年楽しみにしてる映画紹介です。順番は適当です。

 

マスカレード・ホテル

f:id:junk-weed:20181231185827j:image

中学・高校の朝読書タイムで読まれている作者ランキングがあればブッチギリでNo. 1に選ばれているだろうと個人的には本気で信じている人気作家・東野圭吾原作の同名小説を木村拓哉主演で実写映画化した作品。今回のキムタクは誰がやってもカッコ良くみえるからという理由で避けられてきたと言われた刑事役についに初挑戦!フジテレビ映画っぽい豪華なホテルのセットとキャストにも注目。去年の元日の『さんタク』でさんまさんが「カメオ出演したから確認してね!」と番宣された時は「今年も始まったばかりなのに来年の話かよ!」と思ったが時の流れは早いものだ。長澤まさみとキムタクの共演も個人的に嬉しい。

 

コンフィデンスマンJP

f:id:junk-weed:20181231185815j:image

去年月9最後の砦と放送前には言われてたけど蓋を開けたら結局視聴率一桁を連発した長澤まさみ主演の人気ドラマの劇場版。去年は本作以外にも『嘘を愛する女』『50回目のファーストキス』『銀魂2』に加えて、再放送で『プロポーズ大作戦』『ラストフレンズ』を見て「まーさみ、まーさみ、for dream」って1人で歌っちゃうくらいのまさみブームが到来。破茶滅茶に暴れるまさみの振り切った演技が好きだから本作には超期待。個人的には『カメラを止めるな!』より本作の連ドラの最終回のトリックのが驚かされたよ!話は少しズレるけど古沢良太には和歌山カレー毒物事件を『リーガルハイ』で皮肉ったみたいにフジテレビで日大アメフト問題を題材にした作品を作って欲しい。

 

記憶にございません!

f:id:junk-weed:20181231185803j:image

三谷幸喜4年ぶりの最新作。4年前の『ギャラクシー街道』は酷評の嵐で興行的にもイマイチ、主演の香取慎吾はSMAP解散・ジャーニーズ事務所脱退で色々な意味で触れ難い作品となってしまったが本作ではそのリベンジに期待している。また三谷さん的には今年『カメラを止めるな!』のヒットで「三谷幸喜のマネをしたら三谷幸喜を超えた!」とか「三谷幸喜の舞台の面白さを映画に持ってこれたらと思ってた映画ファンの期待に応えた作品!」みたいに間接的にディスられていたので、そういう意味でも大御所としてのプライドを持ったカウンター作品を放って貰いたい。

 

 

バンブルビー

f:id:junk-weed:20181231185755j:image

マイケル・ベイが10年間メガホンを取って一度もロッテントマトでトマトを腐らせ続けてきたシリーズだが、監督交代のスピンオフ作品では批評家支持率94%の超高評価を得た本作。興行収入の面では余り振るってない様子だが期待している。予告編を見ると80年代アメリカを舞台にした古き良きアメリカ感が漂うジュブナイル映画感に酔えそうだし、トランスフォームシーンも立体感を意識した構図で滑らかでスムーズな動きをしていてアクションも見易そうなんだけど、どうしてもマイケル・ベイの大味ガチャガチャドンパッチアクションに慣れてると関東の人間が関西のうどん食べて「味がない」と感じるような物足りなさを感じそうな気がしないでもない。

 

ターミネーター

f:id:junk-weed:20181231185925j:image

人類とスカイネットの戦いを描く壮大な新三部作の1作目『ターミネーター4』は大コケし続編は作られず、1作目の物語の前にT-800がサラの元に送られていた世界を描く新三部作の1作目『ターミネーター/新起動:ジェニシス』も大コケして続編は中止に… 今年はキャメロン製作で『ターミネーター2』のその後の世界を描く新三部作の1作目が公開されるというが、日本には「三度目の正直」と「二度あることは三度ある」という矛盾する諺が存在する。色々な意味で楽しみな本作だが、信じてるからね!

 

トイ・ストーリー4

f:id:junk-weed:20181231185745j:image

『トイ・ストーリー』程完成度が高い3部作も中々無いと思うし、ピクサー程作品クオリティに信頼を持って劇場に行けるスタジオも無いけれど今度ばかりは蛇足になるのではと不安しかない本作。それでもピクサーの「面白いアイデアが出たから続編を作る!」という姿勢は好き。もしかしたら3部作で綺麗に完結したにも関わらず誰もが納得する4作目という奇跡的な作品が公開されるという僅かな希望を信じて…

 

スター・ウォーズ EP9

スター・ウォーズ BB-8 目覚まし時計 デジタル時計 音声・アクション付き オレンジ リズム時計 8RDA74MC03

3部作が本当に始まるか不安な『ターミネーター』と3部作の蛇足になるのではないかの『トイ・ストーリー4』と其々3部作問題を抱えているが、本作は正に風呂敷を広げるのは上手いが風呂敷を畳むのは下手なJJが3部作の完結編としてちゃんと纏める事が出来るのか不安で不安で堪らない一作。前作『最後のジェダイ』は2時間30分もかけて引っ張るだけ引っ張って殆ど物語が前に進んでいないというアレな作品だったけれど、まさか3部作かけて何も物語が描かれてなかったとかにならないよね?

 

 

アベンジャーズ エンドゲーム

f:id:junk-weed:20181231185734j:image

3部作の完結編の予告編と公開前のムード程盛り上がる物は無いと信じてきたけど、本作は10年以上様々な作品をクロスオーバーさせながらシリーズ化してきた物語の完結編。本来なら重みが違うはずなのにイマイチ盛り上がらない。何故か?日本での興行収入の盛り上がりがその域に達していないからだ。そして既に本作の後にもシリーズが続く事も発表されている。もちろんオリジナルメンバーが揃うのは最後なのかもしれないけど… それでも公開直前は盛り上がっているはず。そう信じてる。

 

アルキメデスの大戦

f:id:junk-weed:20181231185726j:image

東京オリンピックの開会式や閉会式も担当する日本のVFXの先駆者・山崎貴の最新作は戦艦大和をテーマにした戦争映画。どうやら大和製造を止める映画らしいが、『SPACE BATTLESHIPヤマト』の時はヤマトファンから「実写化するな!」と叩かれていたな… 話はそれたけど最新のVFXで再現する大和は『男たちの大和』の映像の迫力を越える事を信じているよ!ちなみに山崎貴監督って今まで人気漫画の実写映画を数多く手掛けてきたけど、実は1話完結or完結済みで1話完結ではない未完のストーリー漫画を実写映画化するのは初めてなんだよな… 今までの作品とは異なる挑戦だ。

 

ダンボ

f:id:junk-weed:20181231185857j:image

正直『ダンボ』には全く思い入れが無いどころか観た事もないレベルですが、ティム・バートン監督作品なので楽しみにしてます。サーカスのシーンとかバートン感が全開で、久々にあのファンタジー世界に酔えればなと期待してます。

 

年末のベスト10が全て上に挙げた作品で埋まりながら、今全く興味の無い作品まで面白くて困っちゃうくらいの年になる事を期待してます!