スポンサーリンク

働く女性のお仕事マンガ「働きマン」のオススメポイントと理想と現実の壁にブチ当たった休載の理由

スポンサーリンク

働きマン(1) (モーニングコミックス)

安野モヨコ
講談社「モーニング」

「マンガトリガー」というスマホのアプリで安野モヨコさんの「働きマン」を4巻まで読みました。なので今回は「働きマン」について語ります。

 

概要

  • あらすじ

f:id:junk-weed:20180710164645j:image

「働きマン」のザックリしたあらすじを解説すると講談社の「週刊現代」とその編集部をモデルにした豪胆社と雑誌「週刊JIDAI」で編集者を務める主人公の働く女子マンガです。

 

  • 主人公

f:id:junk-weed:20180710192403j:image

主人公は松方弘子(28)独身で女性編集者。サバサバした性格で男気溢れる性格。ただしファッションセンスには抜かりなくオシャレを気にかかる。好きな食べ物は納豆巻きで30歳までに編集長になることが夢。最終目標は世界征服で就活時の面接でこの目標を語った事で採用された。ついでに元巨乳という設定もある。

 

以下軽いネタバレ

これ以上内容を知りたく無い人は読まないで!

働きマン(1) (モーニングコミックス)

働きマン(1) (モーニングコミックス)

 

 

本作の魅力!

  • 元気が貰えるエピソードが盛りだくさん!

f:id:junk-weed:20180710205956j:image

本作はとにかく元気が貰える、生きる気力が湧いてくるエピソードや名言が多い。個人的に一番好きなのは主人公が壁にぶつかった時に過去にインタビューしてきた凄い人達も同じようにそれぞれの壁を乗り越えてきた事を再認識して仕事に取り組む出すシーン。ベタなシーンかもしれないけど演出が上手いからストレートに感情に訴えてきて自分も頑張りたいと素直に感じることが出来る名シーン。

 

  • 失恋する主人公

f:id:junk-weed:20180710210334j:image

仕事を頑張る女子を題材した作品で定番なのは仕事が忙しいあまり彼氏に振られてしまう展開だ。最近だと「アンナチュラル 」や「正義のセ」などでも同じ展開があってTwitterが少し炎上してたけど本作でも同じ展開がある。上の画像は失恋した直後に悲しさを紛らわすために目の前の仕事に没頭するシーン。失恋の悲しさを埋め合わせてくれるのは目の前の仕事か新たな恋愛しかないのだ。

 

  • 自分の人生と重なる社会問題

f:id:junk-weed:20180712140523j:image

主人公は週刊誌の編集者なので社会を賑わす話題を深掘りするために取材をする。例えば上の画像は無断でゴミ置場にされてしまった場所だが、主人公は見て見ぬ振りをし続けてゴミの上にゴミを置いていってしまった取材先と仕事や恋愛を後回しにし続けて回らなくなってきている自分の人生を重ね合わせて人生を見つめ直している。他にも様々な現場に触れる事で人生を悩む人たちのエピソードを描き出している。

 

以下最新話のネタバレを含みます。

働きマン(1) (モーニングコミックス)

働きマン(1) (モーニングコミックス)

 

 

休載の理由

働きマン(4) (モーニング KC)

個人的にメチャクチャ面白いマンガだった「働きマン」だが、実は2008年からもう10年以上も休載しているという。「何故だ!?」と調べてみると当初は体調不良が原因だったが、今は現実世界の出版業界の状況を主人公がどう立ち向かうかを考えた結果、現実世界ではどうにもならなかったというストーリーにしかならなかったため連載が再開し難いのだという。

f:id:junk-weed:20180712205012j:image

本作の10年前に掲載された最新エピソードは(単行本4巻の最終エピソード)は主人公が30歳を目の前に今の編集部に残るのかそれとも新しい何かに挑戦するのか自分のやりたい事を再度問い直しをしている描写が確認できる。

f:id:junk-weed:20180712205303j:image

そんな気持ちを胸に実家に帰省すると父親から自分の働く編集部の雑誌を「くだらんぞ」と貶されてしまう。反撃しようする主人公だが父親から「お前が編集長になってちゃんとしたやつ作れ」と無理難題を言われてしまう。主人公は再び雑誌の体質的に女が編集長になれない事などを解こうとすると「じゃあ作ればいい…」と言われる。

f:id:junk-weed:20180712205654j:image

主人公はその言葉と共に今後の人生について一晩考えた結果好きな事をやるには目の前の課題をやるしかないというよくある結論にしか辿り着けなかった。それでも父親の言葉を胸に東京の編集部に戻る。

物語はここで10年間止まっている。

原作者のコメントから推測するとこれから先描こうとする展開は現実世界では実現出来ない絵空事にしかならないからそれを描いても虚しいだけなので続きを描けないと個人的には解釈している。つまり漫画が現実に負けたのだ。

 

とても面白いマンガだったので、現在休載中なのが寂しいです。ただ時には漫画や映画などの創作物は現実世界を先回りする事があります。それはオバマ大統領就任前に黒人大統領を描いた映画がある事などが証明しています。「働きマン」もそこを信じて描いて欲しいと思う反面、出版業界の中でそれをやるのはやはり難しいのかなとも考えてしまいます。気長に待ちたいです。4巻までオススメです!

働きマン コミック 1-4巻セット (モーニングKC)

働きマン コミック 1-4巻セット (モーニングKC)