スポンサーリンク

7月に読んだ漫画の感想PART2[空挺ドラゴンズ/ダンジョン飯/症年症女/ロボットレーザー/ゴールデンカムイ]

スポンサーリンク

7月に読んだ漫画の感想。というより備忘録。後オールネタバレしてるから気を付けて!

 

空挺ドラゴンズ 3巻

空挺ドラゴンズ(3) (アフタヌーンコミックス)

桑原太矩

講談社「good!アフタヌーン」

龍を狩る為に空挺に乗って冒険する人達の漫画第3巻。表紙はこの巻で掘り下げられる髪の毛を洗わないからクサい女の子。

f:id:junk-weed:20180705223803j:image

3巻は船から落ちた女の子が龍の子供と絆を育み別れるという王道展開。でも2巻も男の子が街の女の子と恋をして別れるという展開だったな…

f:id:junk-weed:20180705224043j:image

2巻に続いて美味しいキャラ。彼女を掘り下げるエピソードを早く見たい!

f:id:junk-weed:20180705224139j:image

3巻は料理シーンがあまりなくて残念。でも干し肉やマヨネーズは美味しそうだった。今思うと結構あったかも… 次巻以降も楽しみなファンタジーマンガです。

空挺ドラゴンズ(3) (アフタヌーンコミックス)

空挺ドラゴンズ(3) (アフタヌーンコミックス)

 

 

症年症女 3巻<完結>

症年症女 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

原作・西尾維新 / 作画・暁月あきら

集英社「ジャンプSQ」

人の個性が見えなくなり12歳で確実に死ぬ病気に感染した2人目の少年が病名を自分の名前から取りたいから最初に感染した少女を殺そうとする物語の最終巻。

f:id:junk-weed:20180708153832j:image

少女の顔まで見えなくなる主人公。主人公は彼女の顔を再び見るために(死人の顔は認識できる設定)彼女を殺す事を再決意する。ここで彼は彼女への恋心に気付く。

f:id:junk-weed:20180708154240j:image

この見開きは「めだかボックス」の時同様編集や世間の声のメタ演出だろう。

f:id:junk-weed:20180708154319j:image

ついに殺したと思ったが先に殺されてた少女。犯人探しの展開にもならず彼女のビデオテープの「生き返らせる方法」を見ない事で彼女を間接的に殺したと解釈して少年も安らかに死亡。

f:id:junk-weed:20180708154501j:image

病名は同じ名前だったからどっちの名前を取ったか分からなかったと言うオチはベタだけどやっぱり良い。後12歳で死ぬ理由が細胞の周期が12年だから漏水で死ぬと言うオチも好き。

f:id:junk-weed:20180708154639j:image

実は少女も少年の顔が見えなくなっていてビデオテープの「生き返らせる方法」も撮影してなく少女が少年に殺されるまでの話だったという結局少女の手のひら上の物語だったのも気が利いてて好きでした。ちなみに本作は「めだかボックス」の保管として描かれて作品らしいです。また極端にキャラが多かった「めだか」とは逆にキャラデザが少なく漫画の表現の幅に驚いたと作画の人が語ってました。

症年症女 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

症年症女 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

ダンジョン飯 6巻

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

九井諒子

KADOKAWA エンターブレインBC「ハルタ」

ダンジョンで飯を食べる漫画の第6巻。

f:id:junk-weed:20180708215037j:image

救った妹は黒魔術でこんな姿に… 卵の殻を例えに使ってこの状況を分かりやすく解説してたのが面白かった。

f:id:junk-weed:20180708215724j:image

パーティの仲間がそれぞれの記憶の中にいる人物像を具現化する魔物に取り憑かれて偽物が出てきて本物を探す展開もワクワクした。本物を探すのに所持品を見比べたり細々として演出が楽しい。こういう展開の時って普通本物は良い奴の方で仲間の絆を確かめる展開が多いし、ダメな方のパターンは大抵パーティの中のムードメーカー的な役割の奴だけだったりするけど本作では全員ダメな方が本物なのも面白かった。

f:id:junk-weed:20180708215447j:image

他人の悪夢の中に入ら展開もワクワク。全体的に「ジョジョ」のスタンドバトルみたいな展開になってきて面白かった。

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

 

 

ROBOT×LASERBEAM 5巻

ROBOT×LASERBEAM 5 (ジャンプコミックス)

藤巻忠俊

集英社「週刊少年ジャンプ」

ゴルフ素人の男子高校生が部活に入って天才的なゴルフセンスを発揮してプロを目指す青春ゴルフ漫画だと思ったら人気がなくて高校生編をすっ飛ばして唐突に3年後になってプロになったゴルフ漫画の第5巻。ちなみに高校生編は3ページくらい使って過去編として扱われた…

f:id:junk-weed:20180708220445j:image

今回の対戦相手は友達思いだが試合とは切り離して全力で戦うとわざわざ主人公に宣言するいい奴。とにかく凄い破壊力でボールを飛ばす。

f:id:junk-weed:20180708220645j:image

それに対してロボは集中力を分散させる事でここぞという時に集中力を120%まで上げる事が出来る新技を開発。初めは友達だからと遠慮したが自分を相手に殴らせて本気にさせるのはロボらしいけど週刊誌とかに撮られたら一発でアウトになりそうな展開… とにかくロボ優勝おめでとう!ただラストのカットの顔はイマイチだった。

ROBOT×LASERBEAM 5 (ジャンプコミックス)

ROBOT×LASERBEAM 5 (ジャンプコミックス)

 

 

ゴールデンカムイ 13巻

ゴールデンカムイ 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

野田サトル

集英社「週刊ヤングジャンプ」

テレビアニメも放送中の人気マンガ第13巻。

f:id:junk-weed:20180708222244j:image

キノコで大事な所を隠すと逆にアレな例。

f:id:junk-weed:20180708222333j:image

のっぺらぼうに会う為に鮭を取るフリをして侵入しようとする展開はワクワク。ただのっぺらぼうは替え玉で次巻が凄く盛り上がりそうで楽しみだ。

ゴールデンカムイ 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ゴールデンカムイ 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

7月に読んだ漫画の感想PART2でした。