日本映画の夏の興行収入を見るのが楽しくなる!?各作品の注目ポイントを解説!

f:id:junk-weed:20180705174704j:image

今回はこの夏公開の日本映画の興行が楽しくなる!ちょっと変わった注目ポイントを解説します!

 

  • 細田作品へ懸かる興行収入右肩上がりへの期待

f:id:junk-weed:20180705163743j:image

上半期は「劇場版名探偵コナン」が今年度No. 1ヒットを記録してウハウハの日本テレビ。下半期に送り込むのは最早夏の定番として定着しつつある細田守監督最新作「未来のミライ」だ。日本テレビは「金曜ロードshow!」で細田作品を放送するなどバックアップも抜かりなく後は結果を待つだけ状態だ。そんな中注目されるのが細田守監督作品5作連続興行収入右肩上がりへの期待だ。過去の細田作品は興行収入は、

時をかける少女 2.5億円

サマーウォーズ 16.5億円

おおかみこどもの雨と雪 42.2億円

バケモノの子 58.5億円

と4作連続右肩上がり。本作でも「バケモノの子」の興行収入を上回り右肩上がりの法則を守れるのか!?

バケモノの子

バケモノの子

 

 

  • 月9の劇場版は大ヒット作品の宝庫!?

f:id:junk-weed:20180705164425j:image

本業の視聴率はイマイチでも「万引き家族」で興行的にも批評的にも成功を収め映画産業は絶好調のフジテレビがこの夏公開するのは山下智久主演の月9ドラマの劇場版にあたる「コード・ブルー」。月9の視聴率不振が騒がれる中平均視聴率14.6%のヒット作となった本作へのフジテレビの期待は大きいだろう。近年の月9ドラマの劇場版は、

真夏の方程式  33.1億円

HERO 46.7億円

信長協奏曲 46.1億円

と大ヒット続き。それどころかさらに過去に遡っても月9映画は全作品興行収入30億円を超える大ヒットを記録している!「コード・ブルー」も是非興行収入30億円以上の大ヒットを目指して欲しい。フジテレビ的にはもしかしたら「海猿」のように化ける事も期待してるかも!?そこも合わせて今後のNEWSに注目だ!

 

 

  • 「BLEACH」が目指す「るろ剣」の後釜

f:id:junk-weed:20180705165013j:image

累計発行部数1億2000万部を超える大ヒットコミックスの実写映画版「BLEACH」はワーナー・ブラザースのプロデューサーのインタビューによると実写版「るろうに剣心」シリーズのようなアクション映画のフランチャイズを目指すべく既に続編の脚本を執筆してるという。近年ワーナー映画はシリーズ化を見越した「テラフォーマーズ」「ジョジョ」「ハガレン」が連続でコケてるが4度目の正直となるか!?「るろうに剣心」1作目同様興行収入30億円が続編への1つのラインとなるだろう。

るろうに剣心

るろうに剣心

 

 

  • 「銀魂2」に懸念される続編7割の法則

f:id:junk-weed:20180705165410j:image

昨年興行収入38.4億円で実写邦画No. 1ヒットを記録した大ヒット作品の続編の「銀魂2」だが、前作のお祭り騒ぎだった興行の勢いを続編でも維持し続けられるのかが注目ポイントだ。通常映画興行界では特別なブースト材料がない限り続編は前作の7割前後の推移をすると言われている。豪華キャストを追加した事をウリにする本作は続編7割の法則を打ち破り前作を超えるヒットになる事が出来るのか!?

銀魂

銀魂

 

 

 

  • テレ東社長「興行収入100億円を目指します」

f:id:junk-weed:20180705165949j:image

後にも先にもここまでテレビ東京制作の大作映画が封切られる事はあるのだろうか?今年の夏テレ東は夏の定番「ポケモン」に加えて前述した「BLEACH」「銀魂2」の3本の映画を封切る。テレ東社長は定例社長会見の場でこの3本のタイトルを紹介しながら「私はこういう席であまり数字を言うのは好きではないのですが、今回は3本合わせて興行収入100億円を目指します」と宣言した。目標達成には一作品辺り30億円は稼がなくてはいけないが… 昨年の「ポケモン」はサトシとピカチュウの出会いを描いた事で興行収入35.5億円の大ヒットを叩き出したが、一昨年までは興行は右肩下がりで20億円を超えるのがやっといったレベルまで落ち込んでいた。まずは「ポケモン」が昨年の流れを引き継げる事が目標達成の第一歩だろう。

劇場版ポケットモンスター キミにきめた! [DVD]

劇場版ポケットモンスター キミにきめた! [DVD]

 

 

  • キムタクブランド落ちません!

f:id:junk-weed:20180705173658j:image

キムタク主演映画は常に興行収入40億円以上の大ヒットを記録して年間ランキングのトップに名を残してきた。しかし昨年公開の「無限の住人」は興行収入9.65億円と大コケ。今まで築いて来たキムタクブランドがSMAP解散の裏切り者のイメージによって傷付いてしまったのだ。ここでキムタクブランドを守る為に事務所が切ったカードはSMAP解散後誰もが認める国民的アイドルグループとなった嵐の二宮和也との共演作品。いつになくダークな雰囲気を漂わせるキムタクだが本作でブランド力を取り戻す事が出来るのか!?

無限の住人 [Blu-ray]

無限の住人 [Blu-ray]

 

 

 

ここに挙げた6作品は全て興行収入30億円以上が見込めるポテンシャルのある作品ばかりだと思います。夏興行が盛り上がりますように!