スポンサーリンク

「GANTZ」「いぬやしき」の奥浩哉最新作「GIGANT」を紹介!物語の展開がまるで読めない作品だ!

スポンサーリンク

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

今回は「GANTZ」「いぬやしき」の奥浩哉先生最新作「GIGANT」を紹介します。本作は衝撃の展開が次々と起こるので新たな事実が明らかになる度に[ネタバレ注意!]と赤字で警告を出します。もし続きを自分の目で確かめたいと感じたらその場でこのエントリーは閉じて本作を購入して読んで欲しいです。

奥浩哉

小学館「ビックコミックスペリオール」

f:id:junk-weed:20180531133001j:image

本作は奥浩哉先生が撮った渋谷の写真をトレースした見開き始まる。この見開きでは主人公と思わしき人物がiPhoneで街並みを撮影している姿が確認できる。

f:id:junk-weed:20180531133629j:image

今回の主人公は映画プロデューサーの父を持つ映画監督を目指す普通の高校生。

f:id:junk-weed:20180531135349j:image

高校では友達と一緒に「映画秘宝」を広げながら映画を語り合っている。ちなみに原作者の奥浩哉先生はライムスター宇多丸の「シネマハスラー」というラジオの1コーナーに普通のリスナーとして投稿していたこともある人だ。

f:id:junk-weed:20180531135203j:image

また、AV女優・パピコの大ファンという設定だ。

f:id:junk-weed:20180531135722j:image

そんな主人公の住む街にある日こんな張り紙がされまくっていることに主人公は気付く。主人公は街の掲示板でパピコがこの街に住んでいることを知り、彼女の事を想い深夜に1人街中の張り紙を剥がす事を決意する。

f:id:junk-weed:20180531135632j:image

張り紙を外し終わると1人の女性が主人公に話しかけてきた。なんと、その女性はパピコだった!お礼をしたいパピコは主人公に飲み物を奢りLINEを交換する。

 

[ネタバレ注意!]

ここまでで本作に興味を持った人は是非これから先の展開を自分の目で確かめて下さい。

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

f:id:junk-weed:20180531140438j:image

ある日パピコは街を歩いていると変な格好のおじさんが目の前で轢き逃げに会う場面に出くわしてしまう。心配に思うパピコは救急車を呼ぼうとするがおじさんに止められてしまう。

f:id:junk-weed:20180531140620j:image

さらにパピコの腕に時計のような装置を埋め込まれてしまう。

f:id:junk-weed:20180531140818j:image

おじさんはパピコに「あと、よろしくお願いします。」というセリフを吐き、パピコに何かを託して小さなぬいぐるみになってしまった。

f:id:junk-weed:20180531141006j:image

パピコの手元にはよく分からない埋め込まれた装置と謎のDVDのみが残った。

 

[ネタバレ注意!]

この下には埋め込まれた装置のネタバレに触れます。この秘密を自分の目で確かめたい人はここで読むのを辞めて下さい。

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

f:id:junk-weed:20180531141952j:image

パピコはこの装置がタッチパネルで数字が動くという事実に気づく。

f:id:junk-weed:20180531142205j:image

なんとこの装置は自分の体のサイズを大きく出来る装置だったのだ!その為パピコは巨大化してAVに出演する。

 

[ネタバレ注意!]

ここから下はおじさんのDVDのネタバレに触れます。この秘密を(以下略)。

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

f:id:junk-weed:20180531145704j:image

パピコは自分の家でDVDを再生しても意味が分からないので主人公に見て欲しいと頼みます。

f:id:junk-weed:20180531145742j:image

主人公は期待を胸にDVDを再生しますが、おっさんの映像でガッカリです…

f:id:junk-weed:20180531145819j:image

しかもこのDVDは再生時間が168時間ある事から、Blu-rayでもこの再生時間を収録する事が不可能な点からこのソフトに疑念を抱きます。

f:id:junk-weed:20180531145923j:image

主人公は後日パピコにこのソフトの内容をおじさんが未来人の設定で撮った自主制作映画なのでは無いかと説明します。また途中でおじさんが巨大化するCG技術はプロ並みと高く評価します。

f:id:junk-weed:20180531151049j:image

ここで彼女は自分の体が巨大化する秘密を主人公に打ち明けます。

 

[ネタバレ注意]

ここから先は1巻のラストに触れます。(以下略)

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

f:id:junk-weed:20180531151329j:image

主人公がパピコとの関係性を悩む中関東圏は空から大量の排泄物が降って来ます。

f:id:junk-weed:20180531151505j:image

そしてコレはあるサイトでの投票結果によって行われた事だという噂が流れます。

f:id:junk-weed:20180531151559j:image

そのサイトでは新たな投票が行われます。そして4番目の「イケメン俳優がマッパで新宿を走る」が1位を取ります。

f:id:junk-weed:20180611164707j:image

すると菅田君が新宿の街をマッパで本当に走ります。

f:id:junk-weed:20180531152039j:image

さらに、関東で震度5の地震が起こるが1位になると現実世界でも…

 

というわけでここまでが第1巻の内容です。主人公たちの今までの日常に奇妙な変化が少しずつ起こり始めるとほぼ同時に、多くの人を巻き込む異変が次々起こって先が読めず凄く面白い作品です。正直初めは主人公の自主制作映画にパピコが出て映画監督になっていく青春サクセスストーリーだと勘違いしてました。タイトルの意味をよく考えろということですね!ここまでネタバレしといてアレですが、ここでは触れてないパピコの彼氏や実家でのエピソードなどもあるので興味のある人は是非読んで下さい!まだ1巻しか出てないので集めやすいですよ!ちなみに2巻は9月発売予定です。作者の過去作品の話題が出てくるのも面白いですよ!

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

おまけ

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

いぬやしき(1) (イブニングコミックス)

「GANTZ」は集英社で、「いぬやしき」は講談社で本作は小学館。つまり日本の3大出版社を奥浩哉先生は制覇したことになる。スゲーな…

 

おまけ2

f:id:junk-weed:20180614204313j:imagef:id:junk-weed:20180614204317j:image

「いぬやしき」の時は作中の登場人物が「GANTZ」を貶してたけど、本作ではその2作品を絶賛している。

f:id:junk-weed:20180614204547j:image

…と思ったけど、「いぬやしき 」でも1人は熱心な「GANTZ」ファンだったな…

 

おまけ3

f:id:junk-weed:20180617200143j:image

宇多丸さんのラジオの公式インスタで逆にネタにされてました。