スポンサーリンク

「ぶっきんぐ!!」は廃れゆく町の書店を再起させるべく切磋琢磨に働く女子を描くお仕事マンガだ!

スポンサーリンク

ぶっきんぐ!! 1 (裏少年サンデーコミックス)

今回は「ぶっきんぐ!!」というマンガを紹介します!

美代 マチ子

小学館「裏サンデー」

f:id:junk-weed:20180521115233j:image

物語の一コマ目は町の書店がどんどん消えていっているニュース画面から始まる。

f:id:junk-weed:20180521115326j:image

そのニュースを見てるのは本作の主人公で、このコマの「芸術は爆発だ!!」とペンキをブチまける姿を見ると青春を謳歌している若者のように思える。彼女は美大卒業後も就職をせず美術の道で生きていこうとしていた。

f:id:junk-weed:20180521115548j:image

そんな時偶々大学時代の就職した友人に出会い、「現実見ろよ。」的な会話をして自分の人生について再度考え始める主人公。

f:id:junk-weed:20180521115930j:image

「これから先の人生どうしようかな〜」と悩みながら今にも潰れそうな本屋に立ち寄ると万引きしている客を発見!

f:id:junk-weed:20180521120221j:image

「時代遅れで必要とされていない町の書店」に感情移入して万引き犯を追いかける主人公。

f:id:junk-weed:20180521120055j:image

犯人を押さえつけ警察に引き渡して、町の書店の店長も喜んでもらえるだろうと思ったが…

f:id:junk-weed:20180521120444j:image

ハードな現実を見せつけ諦めモードの店長…

f:id:junk-weed:20180521120551j:image

その店長の姿を見た主人公は自分がこの店を町一番の本屋にすると宣言!そのまま彼女はこの店で働くことが決定する!

f:id:junk-weed:20180521121013j:image

そしてそこから彼女の奮闘が始まる!まず手始めに行うの町の大型書店との差別化だ。メディアミックス化など話題の作品をメインに押す大型書店と同じことをしても勝ち目がないと考える主人公は小さな書店だからこそ出来ることを考える。

f:id:junk-weed:20180521121149j:image

また美大卒を生かして、自分でインパクトのある看板を作ったりして自身の芸術へのフラストレーションも解消する!過去に学んだことは人生の思い掛けないところで役に立つのだ!

f:id:junk-weed:20180521121344j:image

他にもおまけのしおりを作って配布するサービスをつけるなど店の客を増やすことを試行錯誤するお仕事マンガになっている。このマンガを読んだ後に小さな書店によると思い掛けない工夫が詰まっていることに気付くかもしれない。2巻の発売は未定だが、とりあえず1巻オススメです!

ぶっきんぐ!! 1 (裏少年サンデーコミックス)

ぶっきんぐ!! 1 (裏少年サンデーコミックス)