スポンサーリンク

マンガの電子書籍やウェブ漫画について語る

スポンサーリンク

f:id:junk-weed:20180511201231j:image

2017年の漫画の単行本の売り上げは電子が紙媒体を上回ったことが話題になった。音楽がCDからダウンロードが主流になったのと同様に漫画の世界も紙媒体が廃れる日は近いのかもしれない。紙媒体で育った身からすれば少し寂しい気もするが感情論を抜きに考えれば電子のメリットは多い。しかし同時にデメリットも多い。

過去に「スケットダンス」「彼方のアストラ」でお馴染みの篠原健太先生が描いた理想の電子書籍をTwitterに載せたことがあった。その時感じた電子辞書の最大の難点はスマートフォンやタブレットで読む時縦表示だと見開きが見切れてしまうことだ。これはタブレットなら横表示にすれば問題は解決するがスマートフォンだと横表示にすると文字が小さくなって読みづらい。www.comico.jp

その為「comico」という漫画サイトに代表されるように縦表示のマンガが誕生した。つまり初めからスマートフォンで読む事を前提にしているというわけだ。縦表示だと単行本にする時どうするんだろうと疑問だったが上手くまとまっていたので驚いた。しかしこのスタイルはアクションには向いていないように思える。

ちなみに先日TBSラジオでライムスター宇多丸さんと「こぐまのケーキ屋さん」の作者カメントツさんがウェブ漫画事情について語っていた。そこでは集英社が縦読み漫画の新人賞を開始したことで業界を驚かせたことやそもそもマンガという文化が紙に印刷する事を前提にしている為白黒だったこと自体がイレギュラーなのではないかなど様々な話をしていた。

話を戻して個人的には縦表示マンガが流行るのは悪くないことだと考えている。というより時代がそちらに進むならやむを得ないし、縦表示でも面白いマンガはある。ただそれが主流になるとなると違和感を感じざる得ない。「重版出来」という漫画の11巻で紙媒体が好きな漫画家が電子書籍の縦表示を意識したコマ割りをしようとして叫んでいるシーンがあった。

f:id:junk-weed:20180511205840j:image

「見開き漫画こそ漫画!!」

自分はこの言葉にとても感銘を受けた。そういえば「BLEACH」の久保帯人先生が映画やアニメと違ってマンガは音は出ないがコマ割りを自由に決めれること良いと語っていた。そしてコマ割りを巧みに利用して独自の世界観を表現する漫画家は多い。縦表示に縛られる余り表現が狭くならないか心配になるが、これも時代遅れの考えなのだろうか?

f:id:junk-weed:20180511210622j:image

「重版出来」の11巻では電子書籍が発展することで雑誌という存在の価値が低下してしまったことも描かれている。興味のある人は是非読んでください。

重版出来! 11 (ビッグコミックス)

重版出来! 11 (ビッグコミックス)

 

ただウェブ漫画にも良いところは沢山ある。例えば「ジャンプ+」という漫画サイトでは「KISS×DEATH」という

KISS×DEATH 1 (ジャンプコミックス)

作品が少し前まで連載していた。この漫画の作者である叶恭弘先生は過去に「週刊少年ジャンプ」で3本連載していたが、執筆ペースが遅い為毎週決まったページ数を執筆できず減ページを繰り返したり、雑誌からのカラーページのオファーを断ったりしていた。そんな叶恭弘先生だったが、ウェブ漫画の連載では毎週のページ数は決まっておらず、カラーページも自分の好きな時に好きなところに差し込むことが出来るなど自由に執筆できたようだ。ウェブ漫画だとどうしても都落ち感が半端ない印象だったがウェブ漫画という自由な環境だからこそ活躍できる漫画家も多いのだろう。
f:id:junk-weed:20180511211713j:image

また少し話題も変わるがネットが発達したことで漫画家志望がわざわざ東京の出版社まで持ち込むことなく自身のウェブなどでマンガを独自に公開し評価されれば出版社の方からオファーが来たりするケースもあるらしい。

f:id:junk-weed:20180511212011j:image

「バクマン。」で描かれていた事が現実になる日も近いのだろう。いやもうなっているのか…

ちなみにマンガは昔雑誌で読むだけの使い捨てのメディアだったが、「デビルマン」などの話題作品を単行本した結果売り上げが良かったため雑誌に掲載されたマンガが単行本になる流れが出来たらしい。となると電子書籍への移行も同じような時代の流れでしかなく後の時代から見れば良い移行ということになるのかもしれない。まぁ、もしかしたら3D映画みたいに思いの外今後電子が伸び悩むかもしれないけど… うーん、それはないか… 今後スマートフォンなどの電子機器がさらなる進歩を遂げて漫画の電子書籍が使いやすくなれば、紙媒体の割合はさらに下がるだろう。きっとその時には自分も電子書籍派に傾いていることだろう。「これはもう紙より電子だよな…」と認めざる得ない進化が楽しみな自分と紙で読み続けたいと思う自分が存在しとても複雑な気分だ。きっとなるようになるのだろうな…