スポンサーリンク

4月に読んだマンガの感想 PART1

スポンサーリンク

4月に読んだマンガの感想を書いていきます!

星は5段階で+印は0.5点だと思って下さい。

★5の中でも特別良かったら黄色になってたり…

(だから実質10段階だよね!)

※と赤字で「-」で読めます!みたいのは公式アプリで無料で読めるので少しでも興味があったら読んでみてください。

 

監獄学園 28巻<完結>

監獄学園(28) 限定版: 講談社キャラクターズA

評価:★★★★★

「監獄学園」もついに完結。最終回の評判はあまり良くないという話を聞きどんなラストなのかと期待と不安を半分に読み進めるとすさなんて事はない、本作らしさ全開の無茶苦茶で理性を持っていかれそうになる最高のエンディングだった。彼女の闇落ち後に幸あれ。自分は闇落ち前よりタイプだよ!ただ闇落ち前が好きだった人にとってはこの表紙殆ど詐欺だよな… 自分は好きだけど!

 

ただ離婚してないだけ 1巻

ただ離婚してないだけ 1 (ヤングアニマルコミックス)

評価:★★★★

結婚した後愛が冷めることはある。しかし体裁のために離婚しない夫婦もいる。この作品の夫婦は3年間セックスレスで夫は不倫をしている。現代社会の問題に切り込むマンガかと思い読み始めたら不倫相手が妊娠。その子供を堕ろした直後に夫婦仲が改善されて愛人とは別れることに。そのことに恨みを持つ愛人が出る行動とそれに対する夫婦が2人で起こした行動に衝撃を隠せない。軽い気持ちで読み始めたマンガだったが思いの外面白く予想外の方向へ物語が進んでいく。

ネタバレを避けるために詳しくは語れないが、この作品のジャンルは恋愛ではなくクライムサスペンスだった。2巻も楽しみだ。

 

冬物語 1〜7巻<完結>

冬物語(1) (ヤングサンデーコミックス)

評価:★★★★★

個人的には珍しく思えた大学受験の浪人生が主人公の恋愛漫画。昭和時代のマンガでちょうど共通一次からセンター試験に移り変わる頃だ。しかしいくら時代が変わっても悩みのツボや本質はまるで変わらない。そしてその悩みは浪人生でも受験生でも高校生でも大学生でも社会人でもそう大差はないのかもしれない。結局人は今自分がいるステージで常に悩み続けているのだろう。いや、そう思わないとやっていけないだけか… それぞれの悩みや苦しみを丁寧に描かれて魅力的な作品。タイトルの通り冬から始まり冬に終わる冬の物語。人生の中で1番悩みが多いのは冬なのかもしれない。いやそんなことはねーな。うん。

この作者の他の作品も読んで見たくなりました。

 

ブルーペイント 1〜2巻

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

評価:★★★★

主人公は早慶が余裕で受かるレベルの成績優秀な不良高校生でスポーツもできて愛嬌が良くて人気者。どこか冷めてる主人公で母親の影響から社会の少し上のレールを歩ければそれでいいと考えており色々なことをソツなくこなせるある意味理想的な高校生。しかしある出来事をキッカケに「東京藝術大学」を目指す。

作中で何度も出てくる「表面だけで理解した気になってた」というセリフが突き刺さる。そして今までまるで興味のなかった油絵の世界に少し興味が湧いてきた。1つのことに熱意を持ち苦しみ悩む姿は羨ましく思える。それは勝手なエゴだけど。

 

Change 1巻

Change!(1) (月刊少年マガジンコミックス)

評価:★★★+

主人公はこの春高校生になったばかりの紀行委員で真面目な生活。お嬢様高校に通っていることに少し後悔してる感じのタイプ。ある日クラスの子がクラブ通いしていることを知り先生から注意を受ける前に彼女に忠告しようとそのクラブに向かう。しかし何故かそこで突然ステージに上げられいきなりラップバトルをすることに。今までラップになど無縁だった彼女だがそのステージで興奮を覚えラップの道に引き込まれていく物語。自分はラップをほとんど知らないが大きなコマ割りと勢いの良さで一気に読んでしまった。結構面白かったのでオススメです。

 

ダンジョン飯 1〜5巻

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)

評価:★★★★

何年か前にこのマンガはすごいと話題になっていた作品。RPGのダンジョンには多くの魔物が存在するがそれを食材として調理して食べる中々新しい設定のマンガ。この設定の後だとあの世界観で魔物を食材にしないという方が違和感を感じるくらいである。魔物ごとの食べ方や調理法が面白い。特に動く鎧の設定には驚いた。その反面スライムの内臓などは面白くある反面半ば夢を壊されているようにも感じてやや複雑な気持ちにもなったりする。巷では2巻以降は面白くないという話も聞くが個人的には2巻以降も面白い。そういう意味では1巻のが期待ハズレだった。実写化は福田雄一監督がやりそう。

 

夢でみたあの子のために 1巻

夢で見たあの子のために(1) (角川コミックス・エース)

評価:★★★★

「僕だけがいない街」の三部けい先生の最新作で、キャラクターの顔は基本一緒で初めは混乱する。

物語は13年前に一家を皆殺しにされた主人公が復讐の為に悪戦苦闘するミステリー・サスペンスだが、ここで他作品と違うのは主人公は双子で片方が感じる痛みや視覚を共有できる能力を持っている。つまり弟が殺された瞬間(死体は見つかってない)を主人公も感じている。犯人の手掛かりは腕にある火の文字のような傷のみ。しかし火の男を調べる人間は他にもいて… と続きがとにかく気になるタイプ。ヒロインのキャラクターも良い。

三部作品を読むのは2作目だがSF要素とミステリー要素をうまく掛け合わせていてとても面白い。次巻以降も楽しみだ。

 

ハピネス 1〜7巻

ハピネス(1) (週刊少年マガジンコミックス)

評価:★★★★

「惡の華」の押見修造先生が描くヴァンパイアマンガ。冴えない男子高校生の主人公がある夜女の吸血鬼に血を吸われてしまい自身も吸血鬼と化してしまう物語。多くのヴァンパイアマンガは最初こそマイノリティになってしまった苦しみを描くが少し経てばスタイリッシュなヴァンパイアアクションになりあくまでもヴァンパイアの苦しみはバトルマンガに奥行きをもたらす隠し味に過ぎない。しかしこのマンガではアクションより感情を優先して描かれている。ヴァンパイア側から見る夜の背景はとても幻影的だ。「惡の華」同様の二部構成で第2部にはメインキャラの1人が不在のまま物語が進むのも共通点だ。個人的には「惡の華」のが好きだ。ただ「惡の華」同様後味の良い終わりかたをして欲しい。ちなみに主人公がヴァンパイアになった後血を欲するシーンが女子の太ももの発情するフェチシーンにしか見えない。女にしか血を求めないし…

 

イジらないで、長瀞さん 1巻

イジらないで、長瀞さん(1) (マガジンポケットコミックス)

※「マガポケ」で読めます!

評価:★★★★

「からかい上手の高木さん」のパクリと話題のマンガ。高木さんと異なり高校を舞台にしたことでエロネタがメインでこの女はターゲットにした男を「ドーテー」と罵りながら罵倒して泣かしたりする。1話目の時点ではまるでデレを見せないためどう考えても目をつけられてはいけない人に目をつけられた感がヤバい。ただ個人的にはこっちのが好き。肌の焼け具合や太ももも魅力的で自分も彼女にイジられたい。ちなみに時系列的には本作のが「高木さん」より前らしい。つまりパクリではない。まぁ、女に男がイジられるマンガはベタな設定だから探せばいくらでもあるのだろう。

 

KISS×DEATH XXX.74〜XXX.85<完結>

f:id:junk-weed:20180411220456j:image

※「ジャンプ+」で読めます!

評価:★★★★★

週刊誌連載をしてきた頃は常にグチり続けていた叶先生だったが、ネット連載という自由度の高い連載媒体で自身の実力をしっかりと見せつけてきた印象だ。それぞれのキャラクターがしっかりと魅力的に描かれており適度な長さで終わる魅力的な連載だった。「Z」という知的生命体が人間の感情を理解した行動もウェットに流されずコメディとして消化したシーンは微笑ましかった。次回作も楽しみにしています。

 

ストーカー行為がバレて人生終了男

ストーカー行為がバレて人生終了男(1) (講談社コミックス)

※「マガポケ」で読めます!

評価:★★★★+

主人公は中堅私立大学の4年生。就活とアルバイトのストレス発散は美人をストーカーして家をつきとめ家で美人マップを作ること。そんな彼がなんと就活でZONYというどう考えてもSONYとしか思えない大企業から内定を貰う。そんな記念すべき日もストーカーを続ける主人公。

f:id:junk-weed:20180411175445j:image

しかしついに彼は美人なお姉さんにストーカーがバレてしまい彼女に付きまとう本物のストーカーを見つけ出せと命令される物語。

ところでこの美人なお姉さんは一応女子高生っていう設定だけどすごくルックスが良くて体も魅力的。最近男が女に弱みを握られて言いなりみたいな話ばかり読んでいる気がするがこのタイプの話は一定量の面白さが確実に担保されているからついつい手を伸ばしてしまう。

 

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿

金田一少年の殺人

f:id:junk-weed:20180411125535j:image

※「マガポケ」で読めます!

評価:★★★

ややマンネリ化してきている。それでも一定の面白さを確保しているため読み進められるが…

この手のワンアイデアで押す作品は作品の寿命が短く感じる。ギャグマンガの難しさを再認識させられる。

 

インフェクション 

f:id:junk-weed:20180411175330j:image

※「マガポケ」で読めます!

評価:★★★

「マガポケ」の中で一番な人気を誇る漫画。主人公とヒロインが体育倉庫に閉じ込められた後トイレに行きたくなったヒロインが空き缶にオシッコをしだしたシーンをやたらエロく描く描写を見てアプリを閉じようかとも迷ったが、我慢して読み進めると保菌者と呼ばれる生物に噛まれたら死ぬという極限のサバイバルマンガに大変身。保菌者の絵も目の中や口の中からウジ虫が湧き出ていて中々気持ち悪いがそれがまた良い。ただ保菌者に噛まれたら保菌者になってしまうのだと初め勘違いしながら読み進めたから時たま混乱したりもした。ただ読み進めれば読み進めるほど最初のヒロインのオシッコするシーンのイキ顔に疑問を感じる。

冒頭はそこそこ面白かったが失速は早い。

 

デスラバ

f:id:junk-weed:20180411182242j:image

※「マガポケ」で読めます!

評価:★★★+

童貞高校生の主人公が何者かに拉致されるとそこでイキナリ性的に襲われる。ありがちな設定でなんだかなーと思い読み進めるがどうやらこの施設には童貞が集められているようだ。そしめその施設のトップは主人公の幼馴染で「純潔を守って」と言われてしまう。コマが大きいからサクサク読めるしボチボチ面白いのでしばらくは読み進める予定だ。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

f:id:junk-weed:20180411204820j:image

※「マガポケ」で読めます!

評価:★★★★+

主人公は高校までの14年間の記憶を失った男子高校生。童貞だが彼女と初キスを済ませて浮かれ気分の主人公。しかし彼の過去はイジメ・恐喝・レイプなど様々な悪さをしていたとされ昔虐めてた奴らからの復讐を受ける。一体彼は何者なのかを探っていく物語。王道の物語だがやはり記憶を失った主人公の現代と過去性格のギャップは面白い。キムタクの「アイムホーム」を思い出したりした。謎が多くて続きが気になる。

 

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

評価:★★★★

話題になる度に、本屋で見る度にいつか読もうと考え試し読みで何度も1話を読んだ作品。テレビアニメが放送されるタイミングで100話無料という夢のような企画があったためこの機会に読んでみた。ストーリーは北海道で金塊を探す話で、中々面白い。食べ物も美味しそうだしウンチクも面白いので頭が良くなった気分になれる(頭悪そうな感想)。やたらとクマと戦っている印象があるがアクションに迫力があってキャラクター同士のやりとりも面白いので楽しく読める。さすが評判通りの作品だ。

 

隣の悪女

f:id:junk-weed:20180412082918j:image

評価:★★★★

大学4年生で彼女と同棲中の男の隣に引っ越してきたのは男が高校時代に片思いしていた美女だった。彼はある日彼女の家で唐揚げを食べる。その日彼の家のペットの鳥は行方不明になっていた。一体彼女の目的は?初めは男を寝取り他人の人生をめちゃくちゃにして優越感を得る女だとおもったがその毒牙が女の手にも及んで面白い。この手のタイプの漫画は気分が沈むことを理解しているのについ手に取ってしまう不思議な魅力がある。

 

PART2は後日公開します。