スポンサーリンク

4月公開映画の驚きの宣伝方法まとめ

スポンサーリンク

4月公開の映画から個人的にビビッと来た宣伝方法を紹介します!

 

劇場版名探偵コナン

【チラシ付き、映画パンフレット】名探偵コナンゼロの執行人

まずはもはやゴールデンウィーク映画の顔であり、東宝の稼ぎ頭の1つである「劇場版名探偵コナン」の宣伝だ。

f:id:junk-weed:20180405215124p:image

蘭姉ちゃんが年相応のJK用語を使って宣伝するギャグだ。ただ何となくだけどもしリアル世界に蘭姉ちゃんがいてもJK用語は基本的に使わない気がするぞ!

f:id:junk-weed:20180405215641p:image

ちなみにラストシーンにモザイクをかけて期待を煽る宣伝もやってるけどこっちは別CMで普通にこのシーンがどういうシーンか映っているのでほぼネタバレ。もはや突き抜けたラストを公式側がネタにする段階にまできてしまった。正直バルス祭りの匂いがしてくる。

f:id:junk-weed:20180416202533p:image

原作者のコメントも正直滑っているが、今年のコナンは昨年のヒットを受けてか宣伝の力の入れ具合が違うぞ!

 

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

ポスター/スチール写真 A4 パターン1 ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル 光沢プリント

アメリカでは昨年12月に公開され「スターウォーズ 最後のジェダイ」が不評の中奇跡の大ヒットを記録した作品。

f:id:junk-weed:20180331213048p:image

全世界興行収入960億円突破したことをアピールしながら決めゼリフは、

f:id:junk-weed:20180408005833p:image

「マジジュマンジ!」とコナン同様JK用語「マジ卍」でいじり倒す。

 

クソ野郎と美しき世界

クソ野郎と美しき世界 THE BASTARD AND THE BEAUTIFUL WORLD -Original Soundtrack-

元SMAPの独立組3人が結成した「新しい地図」の映画だが本作のプロモーションはかなり異端だ。

f:id:junk-weed:20180409014923j:image

まずはムビチケの販売スタイルだ。全国86館で2週間限定での公開にも関わらず、ムビチケを4枚セットを販売するという握手券をつけてCDを売りまくる秋元康を超える驚きのビジネススタイルを見せつけてきた。

f:id:junk-weed:20180408005434j:image

さらにこのムビチケにつく特典のファイルのデザインはどことなくSMAPを匂わせるもので、このファイルはSMAPファンの中では様々な憶測が立っている。このやり方は正直あまり好きではない。

f:id:junk-weed:20180408005537j:image

また動員15万人を目指すために公式ホームページで動員数をリアルタイムで発表するなど新しい興行の形を見せた。これは正直面白いと思ったが、ファンに劇場に何度も足を運ばせようとする目論見が透けて見るためあまり良く思わない人も多いようだ。何はともあれ新しいことにチャレンジする姿勢は評価したい。

 

パシフィック・リム/アップ・ライジング

映画ポスター パシフィックリム 2 アップライジング US版 hi1 [並行輸入品]

「これを映画館で観ずして何を観るというのか?」という映画館で観る意味をアピールしながらガンダムやエヴァなど日本のロボットアニメを思い起こされるCMを連発する「パシフィック・リム」。

f:id:junk-weed:20180416202234p:image

最近は市場規模的に中国を舞台にすることが多い洋画だが、本作はまさかの日本。中国で大ヒットしたから続編が作れるのに日本を舞台にしてくれるのはありがたい。まぁ、日本のクオリティは「…」らしいけどね…

 

いぬやしき

映画チラシ『いぬやしき』10枚セット

「空飛ぶ映像トリップ!」とポスターには書いてあるが、本作の予告を観るとその自身が伝わってくる。何故なら豪華キャストなのにそこを押さず新宿での空中アクションを見せつけ期待を煽ってくるからだ。

f:id:junk-weed:20180419211443p:imagef:id:junk-weed:20180419211341p:image

その驚異的映像の合間にこのコピーを見せつけられたらこちらも納得せざる得ない。

f:id:junk-weed:20180419211158j:image

「ジジイVS高校生」も本作のインパクトを一言でアピールできる良コピーだ。またテレビCMの「飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んだ、回って回る」という歌に乗せながらの宣伝も良かった。

 

レディ・プレイヤー1

映画ポスター レディプレイヤー1 READY PLAYER ONE US版 hi2 [並行輸入品]

スティーブン・スピルバーグ監督最新作だが、

f:id:junk-weed:20180331213727p:image

ここまでスピルバーグ監督作品だということの事実に心踊るのも久しい気がする。

f:id:junk-weed:20180331213424p:image

「最高の、初体験」というワクワク・ドキドキなキャッチコピーから

f:id:junk-weed:20180331212657j:image

「ジュラシックパーク」を思い起こさせるティラノサウルスを見せつけながらの「劇場がテーマパークに!」は秀逸すぎる。

f:id:junk-weed:20180405215419p:image

日本では少し廃れ始めた3Dを押すのは「トランスフォーマー/最後の騎士王」以来の記憶。

f:id:junk-weed:20180413135120j:image

youtubeで本編映像を長く観せるなど作品の宣伝から本作への自信が伺える。

 

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

映画ポスター アベンジャーズ 2018 インフィニティウォー マーベル US版 hi2 [並行輸入品]

これは下リンクでまとめてます。

叩かれがちなマーベル映画の宣伝ですが、

f:id:junk-weed:20180413134715j:image

「僕のヒーローアカデミア」というアメコミをリスペクトした日本の少年マンガとのコラボはとても良いと感じた。「シビル・ウォー」の時は「いや別にそのマンガとコラボしてもそこまで食い付き良くないと思うぞ?」といったマンガとコラボしていたがこっちはこのマンガが好きな少年が本作を観るきっかけになってくれるのではないかと思う。

f:id:junk-weed:20180413135004p:image

ところでこの#使ってる人って本当にいるの?

 

となりの怪物くん

Official Photo & Story Book 映画となりの怪物くん

1分54秒の予告編の中に西野カナの曲を3曲入れるという大胆な予告編を公開。圧倒的な西野カナの音楽パワーで少し観たくなるから不思議。音楽の力は偉大だ。

f:id:junk-weed:20180413140338j:image

ちなみに西野カナの曲ばかり本作で6曲も使われているらしい。スゲーな。彼女の口ずさみやすいし上手くハマればヒットに貢献できるかも。今年でデビュー10周年だからファンは記念に観にいくのかな?ここまで押してくれればファンも嬉しいだろうしね!

 

というわけで4月はゴールデンウィーク興行に向けた大作がバンバン公開されて多くの作品が宣伝に力を入れていた印象です。5・6月はシネコンの閑散期ですがどんな映画が公開されるか今から楽しみです。