スポンサーリンク

「SICK’S」第壱話其ノ八から十七までの10のエピソードの感想[木村文乃×松田翔太×堤幸彦監督作品]

スポンサーリンク

f:id:junk-weed:20180401134338j:image

「SICK’S」の感想だが、配信方法が異例のためすごく感想を書きにくい。その為其ノ八から其ノ十七までの10のエピソードの感想で気になったところをとりあえずピックアップしてあげていこうと思う。

其ノ一壱から其ノ七の感想は下リンクに別に書いてます。良かったら読んでください。

ただし「Paravi」に会員登録していないので、有料版のネタは分からない。(ケチな人間ですいません…)

 

其の八

f:id:junk-weed:20180401133858p:image

とにかくオープニングの神秘的な音楽がとても幻想的で導入の仕方も物凄くカッコいい。そしてオープニングの映像のカット割りや物の撮り方は「ケイゾク」のオープニングを思い起こさせる。またアバンタイトルのくだりはCG全開の非常に現代的かつデジタルな作り(= SPECらしさ)だったが、オープニングは非常にアナログな作り(=ケイゾクらしさ)を感じた。ただオープニングの途中で次回に続くのは少しやり過ぎにも感じる。「SPEC」の結の前編でエンドクレジットなくブツ切りにした堤監督だかららしいといえばらしいが…

 

其ノ九

f:id:junk-weed:20180402162720j:image

オープニングは別にぶつ切りではなかったようだ。もしくは会員登録したらノーカット版が見れるのかな?わからないことを考えても仕方ない。

※フルバージョンのオープニングを見ましたが細かくカット割って連続で見せるショットをやはり堤作品だなと感じました。でも「ケイゾク」のオープニングのが好きですね。

今回は数ヶ月前の回想だが、オープニングの派手なシーンとは異なり普通のシーンをぶつ切りに見せられると少し退屈かつめんどうに感じる。

ただ小ネタで堤監督の出血する能力を持つ SPECってなんだよとは思いました。それ普通だろ…

 

其ノ十

f:id:junk-weed:20180404115236p:image

初日のみ大量投稿だったが、2日目からは1日1動画のペースに落ち着くみたいだ。この回では犯人が包丁を突き刺されて謎の死を遂げた。男の方が無実の罪を着せられそうな流れは「SPEC」の流れと似ている。きっとこの件が原因で島流しのようにあの部署に飛ばされるのだろう。それは予告の段階で分かってたか… それよりあの男の人の名前はタカクラと聞こえたけどどうなんだろう? 高座と書いてタカクラとは読むらしいが… もしタカクラという名前なら「ケイゾク」のあの男を連想せざる得ない。

(ホームページにタカクラって書いてますね!)

 

其ノ十一

f:id:junk-weed:20180404115254p:image

警察で取り調べされる。瀬文と同じ流れ。どうやらこの世界でもSPECというのはそこまで一般常識ではないようで、「SPECのせいでは?」と問うと精神鑑定を狙ってるのかとバカにされる。そういえばこの世界は「ケイゾク」の2人や「SPEC」の2人は存在してるのか?それともパラレルワールドなのか?謎は多いがこの配信方法も短くサクッとと見れるので若い世代にはyoutuberの動画感覚でそんなにウケが悪くないと思うが… あまりyoutuberの動画とかに慣れ親しんでない人には初めはキツイかも… とかも思ったり。

 

其ノ十二

f:id:junk-weed:20180405113818p:image

高座は警察を辞めることを決める。ちなみに学歴は日本大学。木村文乃の役はがハーバード大学らしいから過去作の東大・京大みたいに学歴ネタを入れるのか?

 

其ノ十三

f:id:junk-weed:20180405114034p:image

何故か今日は2話配信で、配信ペースの法則がまるで読めない。板谷さんは大学からの仲らしく日大時代の教えが登場。この教えは今後役に立つのか?そして彼は何者なのか?何か裏がありそうな感じだけどまだ分からない。

 

其ノ十四

f:id:junk-weed:20180406164846p:image

たまに堤監督の演出はどう受け止めれば良いのかわからなくなる事があるが、今回の人の頭に傘を突き刺し「またつまらぬものを斬ってしまった」と五右衛門のセリフで決めた後大爆笑をする同僚は謎すぎる。なんだアレ?

 

其ノ十五 

f:id:junk-weed:20180407080233p:image

久々の木村文乃登場。

腕にある6本のリストカットの意味とは?

ようやく物語が動き出しそうだが、ケイゾク・スペックシリーズで一番メンヘラ感が強く一番近づきたくない部類の変人の匂いがする。

果たして愛されるキャラになるのか?

高座とどう絡んでいくのか?

今のところのイメージだと「ヤメゴク 」の大島優子のキャラに一番近いイメージだ。

今後の展開も楽しみだ。

 

其ノ十六

f:id:junk-weed:20180408124148p:image

なんだかよく分からないけど急に襲われている高座。そこに現れたのは!?という内容。この声を忘れるはずがない。

 

其ノ十七

f:id:junk-weed:20180409075251p:image

ついに野々村係長の弟が登場。ってことは明日はついに木村文乃と松田翔太が接触するのかな?楽しみだ。

 

ピンチョス配信は賛否両論パックリ割れてるみたいだが個人的にはそんなに嫌いじゃない。というより既に決まってしまっていることに文句を言ってもあまり意味はない。ところで無料ではいつまで見れるのだろうか?24時間限定配信は第壱話だけなのか2話目以降も続くのか色々と気になることは多い。