スポンサーリンク

マンガの実写化より小説の実写化の方が想像とビジュアルが違った時のショックがデカい

スポンサーリンク

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

東野圭吾原作の「パラレルワールド・ラブストーリー」の実写映画化が決まった。

自分はこの小説はかなり好きな部類に入る小説だが、ヒロインのキャストを見てとてつもない「コレジャナイ感」を感じ、自分のイメージしてたヒロイン像との乖離に愕然とした。

f:id:junk-weed:20180319171227j:image

自分のイメージでは、

f:id:junk-weed:20180319171502j:image

若い頃の鬼束ちひろみたいなのや

f:id:junk-weed:20180326162132j:image

「正義のセ」のような吉高由里子のビジュアルを想像していたからだろう。

よくマンガの実写化が決まった時に、ヴィジュアルが発表されると悪い意味で話題になることが多いけどマンガは初めから一つのビジュアルが決まってる分外しにくいし、仮に外してたとしても多くの人がそのビジュアルに違和感を覚えるため疎外感はない。

ただ小説の場合ヒロインの像はあくまでも自分のイメージでしかなく、他の人と共有できているものではない。

そもそも自分のイメージこそが間違っている可能性もあり、作者は「自分はこのイメージで書いていたよ!」と言われれば何も言い返せない。

そもそも自分が流し読みをしてしまったが為に、ヒロインの外見のビジュアルを勝手に妄想して今回のビジュアルに不満を抱えている可能性もある。

ただ自分の場合実際予告編などで動いているところを観ると「これはこれであり!」と言っているケースが多いので本作も自分の中の評価がどう転ぶかは分からない。

ただマンガより小説の方がビジュアルの違和感を誰とも分かち合えない可能性が高い分フラストレーションは溜まっていく傾向がある気がする。

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)