スポンサーリンク

篠原健太先生が妄想する理想のコミック専用電子書籍端末がスゴい!

スポンサーリンク

皆さんはマンガを読みますか?

つい最近この書き出しで文を書いた気がしますが、引き出しが少ないので勘弁してください…

で、今回のテーマは電子書籍です。

音楽も映画もダウンロードが主流になってきた気がしますがマンガなどの書籍は未だ紙の書籍のが強い気がします。

その理由を考えてみると結構明白で電子書籍って別に安くないんですよね…

だって映画や音楽を収録してるメディアであるBlu-ray・DVDやCDは普通に買うと結構なお値段ですが配信で買うとそこそこ安くなります。

でも書籍はほとんど安くならない…

その上おまけページとかはカットされているケースもボチボチ…

そもそもマンガの配信サイトといえば「このサイト!」みたいのがないのも問題なんじゃないかと思います。

とかグルグル勝手に出版界の未来を考えていると「SKET DANSE」や「彼方のアストラ」の篠原健太先生がTwitterで同じようなことをツイートしてた!

さらにさすがマンガ家といえる理想の電子書籍の絵までツイートしていて感動しました!

f:id:junk-weed:20180324062951j:image

まず篠原先生の考えではマンガとコミックと同じサイズの上折りたたみ式で見開きでも楽しめるということ。

確かにスマホやタブレットでは見開きのページがどうしても見切れてしまって少しテンションが下がることがあります。

しかもカラーページはカラーで表示するという紙の本では基本白黒にされてしまうデメリットをデジタルならではの方法で解決。

f:id:junk-weed:20180324063212j:image

そして音楽でいうとiTunesみたいにしっかりとしたマンガストアを作ること。

新刊のおすすめやランキング機能をついていて、マンガを読む楽しみが広がりそうなサイトです。

f:id:junk-weed:20180324063455j:image

そして整理画面は本棚形式で新刊が発売されると告知してくれる仕組み。

本屋でマンガを買う時ってどの巻数まで買ったか忘れてて後回しにすることも多いし、そもそも新刊が発売されてることに気付かずスルーしてしまうことも多いからとても便利な機能だ。

しかもこの整理画面なら前の巻を読み返すのもカンタンそうだ。

後個人的な欲を追加すればレンタル機能も充実して欲しい。

映画と同じで購入までいかなくてもレンタルなら読みたいと考えてる人も多いはずだ。

レンタル数でもしっかりと作者にお金の入るようなシステムを作り出して欲しい。

ただこの端末の最大の問題は恐らくあまり売れないってこと。

自分は欲しいけど今の時代って音楽だってウォークマンとかの音楽プレーヤーに入れて聴くよりスマホに入れて聴いてる人のが多いからな…

結局みんな1つのところにまとめちゃうのが好きなんだろう。

その気持ちは理解できるけど…

この端末の発売よりスマホやタブレットのような携帯端末の進化に希望をかけた方が現実味はありそうだ。

f:id:junk-weed:20180324064341j:image

ちなみにこの夢のような端末は何故か「北斗の拳」のみ現実のものとなっている。

これは究極版全18巻+特別読み切りの「我が背に乗る者」の日本語版と英語版の両方を収録した1冊の電子書籍「全巻一冊 北斗の拳」という商品。

どうやらクラウドファンディングで資金を集めたようだ。

やはりiPhoneのようなメジャーになれる端末を作るのは相当な苦労が必要なようだ。