スポンサーリンク

「相棒-劇場版Ⅳ-」のテレビ初放送の視聴率は15.8%の高視聴率![水谷豊×反町隆史出演作品]

スポンサーリンク

相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 通常版 [DVD]

水谷豊主演の人気ドラマシリーズの劇場版第4弾である「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断 」がテレビ朝日系列でテレビ初放送され平均視聴率が15.8%だったことが分かった。

君の名は。

これは今年放送の映画だと1月3日放送された「君の名は。」の17.4%に次ぐ2番目に高い視聴率。

というよりテレビ朝日は「君の名は。」の放映権を獲得するために東宝の言い値で10〜20億円近い大金を注ぎ込んだという報道がされていたけど、「相棒」なら自社製作映画のためコストパフォーマンスはピカイチ。

逆にいうと「君の名は。」はコスパが悪すぎだ。

シン・ゴジラ

ちなみに昨年テレ朝は「シン・ゴジラ」と地上波初放送権を獲得して放送したけどその時の数字は15.2%だった。

何が言いたいかというと、興行収入では

君の名は。 250.3億円

シン・ゴジラ 82.5億円

相棒劇場版Ⅳ 19.2億円

と各作品かなり差がついていたが、視聴率にすると

君の名は。 17.4%

シン・ゴジラ 15.2%

相棒劇場版Ⅳ 15.8%

とほぼ団子状態だということ。

テレ朝にとって「相棒」がいかにブランド力を発揮しているかが一目瞭然だ。

ちなみに「相棒」の劇場版シリーズは1作目から4作目まで興行収入が

1作目 44.4億円

2作目 31.8億円

3作目 21.2億円

4作目 19.2億円

とシリーズを重ねるごとに右肩下りだったんだけど3作目から4作目の下がり方は1→2→3の下がり方に比べて緩やか。

しかも4作目は公開時期が唯一の大型連休と重ならない2月という映画館の空いている時期の公開だったからこのまま20億円前後をコンスタントに出せるシリーズに定着していくのではないかと予測する。

(まぁ、ファイナルとかになれば爆発するかもしれないが…)

またテレビ初放送の視聴率は

1作目 19.5%

2作目 19.1%

3作目 13.2%

4作目 15.8%

と2作目から3作目で数字は急落したが、3作目から4作目では数字が回復した。

テレビの視聴率が全体的に下がりつつある中で「相棒」ブランドはこれからどこまで維持できるのか楽しみだ。