スポンサーリンク

リュック・ベッソン監督はゆりやんに怒ってジャパンプレミアを途中退出したみたいになっているけど…

スポンサーリンク

f:id:junk-weed:20180315213609j:image

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」で来日したリュック・ベッソン監督をゆりやんレトリィバァが怒らせたのではないかと話題になっている。

その話題のソースになっている記事には、

セクシー衣装を着たゆりやんは監督に向かって「アイ・アム・セックス・シンボル」とアピールするなど絶好調。しかし、その直後に“事件”は起きた。

なんとベッソン監督がフォトセッションの最中に「オーマイガー」とつぶやくとそのまま途中退場してしまったのである。

と書かれている。

f:id:junk-weed:20180315205243j:image

またその記事の写真を見るとリュック・ベッソン監督がネタを披露するゆりやんの事を冷ややかな目で見ているように感じる。

この情報だけだとまるでゆりやんがベッソン監督を怒らせてしまったかのようだ。

しかし他の記事やジャンパンプレミアに参加した一般人のツイート・翌日のテレビのニュースを見ると事実は異なるようだ。

f:id:junk-weed:20180315210109p:image

そもそも今回ゆりやんがこのジャパンプレミアに参加した理由は劇中で七変化を遂げるリアーナというセクシー美女の吹き替え版声優を担当したからだ。

f:id:junk-weed:20180315210113p:image

そしてリアーナは劇中で不思議なダンスを披露する。

f:id:junk-weed:20180315210729p:image

その為ゆりやんはこのダンスを披露しながら登場する。

f:id:junk-weed:20180315210421p:image

するとベッソン監督は「リアーナそのものですね」とゆりやんを褒める!

ゆりやんが照れながら「thank you very much」と感謝の言葉を口すると、

f:id:junk-weed:20180315210538p:image

ベッソン監督は「特に帽子が」とジョークで返して会場は笑いに包まれる。

f:id:junk-weed:20180315211008p:image

その流れでのこの発言だったようだ。

ちなみにこの発言に対してベッソン監督は「日本の方にとってはセックスシンボルなの?」と尋ねると客席からは拍手が起こったが、ゆりやん自ら「嘘つけー!」と観客を一喝したという。

そのうえベッソン監督はゆりやんの理解不能なボケの連発に「本物のエイリアンなのか?」とさらなるジョークで対応したそうだ。

色々調べてみるとベッソン監督はマスコミのファットセッションの途中で帰ってしまったようなので、ゆりやんがベッソン監督を怒らせてジャンパンプレミアを途中退出したということではないらしい。

ちなみに何故本作に限らず洋画のジャンパンプレミアで芸能人が登壇するかという疑問に対しては、映画評論家の町山智浩さんによると

f:id:junk-weed:20180315212529j:image

という理由からだそうだ。

個人的には映画の興行のために少しでも知名度を上げる為にジャパンプレミアなどに芸能人が登壇することに対して文句はないが、あまりにヒドい芸能人の日本語吹き替え版だけは勘弁して欲しい。

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」は3月30日(金)公開です!