「三度目の殺人」が第41回日本アカデミー賞を6冠!しかし主演の福山雅治はノミネートすらされず…

f:id:junk-weed:20180303001255j:image

「第41回日本アカデミー賞」の最優秀作品賞に「三度目の殺人」か選ばれました!

また最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀編集賞には是枝裕和監督、最優秀助演男優賞には役所広司さん、最優秀助演女優賞には広瀬すずさんが選ばれ「三度目の殺人」が6冠で一人勝ちとなりました!

スゴイですね!

興行収入も14.6億円の大ヒットを記録していますし、批評的にも興行的にも見事に結果を出した形になります。

フジテレビもソフト発売時や地上波で放送する時に「日本アカデミー賞6冠」の拍がつけることが出来て宣伝部も大喜びでしょう。またこの時期になると普段フジテレビ映画に否定的な人も「フジテレビ映画は普通ならマイナーな作品になりがちな作品も、しっかり予算を確保して俳優を固めて宣伝してヒット作品にしてしまう」と手の平を返す人も多いイメージです。

ちなみに本作のBlu-ray &DVDは3月7日発売です!

三度目の殺人

三度目の殺人

 

 

 

とキレイにまとめたいのは山々ですが…

 

本作の主演である福山雅治さんが今回のアカデミー賞にノミネートすらされていないことにお気付きですか?

別に今回のエントリーは福山さんをディスりたいわけでも、アカデミー賞を非難したいわけでもありません。

「ただ映画の評価基準や賞の基準って本当によくわからないなー」とは感じました。

だってそうでしょう?

作品は良い、監督も良い、脚本も良い、編集も良い、助演男優も助演女優も良いのに、主演だけはノミネートすらされない…

まぁ、自分の考えが浅いだけかもしれませんが…

パンフレット ★ 木村拓哉 2006 映画 「武士の一分」

Twitterを探ると、「福山雅治はアーティストだから断ったんじゃないか」というジョークをツイートしてる人がいて面白かったですが、過去に当時SMAPだった木村拓哉さんが山田洋次監督の「武士の一分」に出演した時に、ジャニーズ事務所は賞レースに出ない方針だからと主演男優賞を辞退してたことがありましたね。

最近は事務所の方針が変わったのか、ジャニタレの作品もノミネートしまくってますが…

話が逸れたので話を戻しますが、確かに今回福山さんは賞をもらえなかったかもしれません。

しかし是枝監督は、

この場にはいませんが、僕が悩んで先が見えないとき、福山雅治さんが『音楽でも悩みがあるときにいいものが生まれるんですよ』と励ましてくれました。彼の元にもこの賞を届けたいと思います。

<出典:<日本アカデミー賞>最優秀監督賞&脚本賞は『三度目の殺人』是枝裕和監督がW受賞 /2018年3月2日 - 映 画 - ニュース - クランクイン!>

とスピーチしてました。

これは本作に福山雅治さんが及ぼした影響が大きいことを裏付けています。

また役所さんも、

狭い空間の中で福山雅治さんと2人で芝居を作り上げました。福山さんにも感謝したい。

<出典:役所広司、初の最優秀助演男優賞!福山雅治と「二人で作り上げた」:第41回日本アカデミー賞 - シネマトゥデイ>

とスピーチしてましたね!

こんな風に一緒に仕事してきた人達に思われていることはきっと賞という形あるものよりずっと価値があるものだと思います。

ただ、福山さんのホンネは「賞欲しかった」かもしれませんが…

本当に賞の基準はよく分からないものです。

 

 

追記

こういう書き方をすると少し賞をバカにして価値を貶めているように捉える人もいるのではないかと投稿した後に不安になりました。

自分は賞にはしっかりと価値があると考えていますし、今までの努力が形になって見える素晴らしいものだと考えています。

なので今回最優秀主演男優賞を受賞した菅田将暉さんは、

f:id:junk-weed:20180303004615j:image

「本当におめでとうございます!」という気持ちです。

ただ、今回は主演以外の多くが「三度目の殺人」に賞を与えてるのに主演はノミネートすらされないというのは不思議だなと思ったので記事にしました。

三度目の殺人

三度目の殺人