スポンサーリンク

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第二章」はどうなる予定だったのか?[三池崇史監督作品]

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 スタンダード・エディション [Blu-ray]

シリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦の大ヒットコミックを、三池崇史監督と山崎賢人主演で初めて実写映画化した「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」はタイトルに第一章と刻むことでシリーズ化を前提として制作された作品だった。

しかし興行収入は10億円にも届かず大惨敗となり、おそらくシリーズ化のプロジェクトは凍結されてしまっただろう。

ここで疑問なのはそもそも本作は何章までやるつもりだったのか?

「キネマ旬報」のよると全四部作を予定していたという。

ここで思い出して欲しいのは同じワーナーで見事シリーズ化を成功させた実写版「るろうに剣心」だ。

るろうに剣心

第1作目は2012年に公開され、続編2作品が2014年に二部作連続公開されている。

「るろうに剣心」と言えば原作では「京都編」が圧倒的な人気を誇るが、実は映画も「京都編」から制作する案もあったという。

f:id:junk-weed:20180207162441j:image

ただし神谷道場でのエピソードを描かないと「京都編」の剣心と志々雄真実との対決は深まらないと判断したスタッフは第1作目がヒットしたら「京都編」をやろうということで話をまとめた。

つまり「京都編」を作ることを目標に第1作目を制作していたのだ。

また第1作目がヒットしたことにより映画一本のボリュームで収まりきらないと考えられていた「京都編」を前後編の二部作で公開する企画を実現でき、日本映画では異例の製作費30億円の超大作が完成した。

るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心 伝説の最期編

そして「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」は二部作で興行収入95.7億円の大ヒットを記録した。

おそらくワーナーはこの成功を機に、他の人気コミックの実写映画でもこの制作スタイルの作品をどんどん量産させていこうと考えたのだろう。

f:id:junk-weed:20180211162512j:image

ここからは完全に自分の想像だが、「ジョジョ」の続編は吉良吉影との対決を三部作で描くつもりだったのだろう。

f:id:junk-weed:20180207152244p:image

その裏付けになるのが第一章での原作改変ポイント。

原作では虹村形兆は「レッド・ホット・チリ・ペッパー」というスタンドに殺されるが、実写版では吉良吉影のスタンドシアーハートアタックにより殺される。

つまりここで仗助たちと吉良吉影の間に因縁を生まれたことになる。

(まぁ、原作の吉良吉影の性格からしてこの行動はどうなの?という疑問は出てくるが…)

f:id:junk-weed:20180207153135p:image

また実写映画では原作以上に仗助のお爺ちゃんのエピソードを深く掘り下げ、お爺ちゃんが警官としていかに杜王町の為に戦い、市民を守ってきたかが強調されていた。

f:id:junk-weed:20180207153248p:image

ここから仗助が杜王町を守る為にお爺ちゃんの意思を受け継ぐとう「ジョジョ」的なテーマで吉良吉影との戦う動機を自然な流れとしている。

f:id:junk-weed:20180207153325j:image

となると、実写版には重ちーの出演予定は初めから無かったのかもしれない。

もしそうなら吉良吉影がサンドイッチを彼女と選ぶシーンもなかったかもしれないので残念…

f:id:junk-weed:20180211162816j:image

f:id:junk-weed:20180211162847j:image

f:id:junk-weed:20180211162824j:image

f:id:junk-weed:20180213164240j:image

まぁ、もうどっちしろ観れないのだから関係ないけどね…

f:id:junk-weed:20180207154222p:image

第一章では特に活躍もなくラストに意味深な笑みを浮かべていた小松菜奈演じる山岸由花子ももう観れないのだ…

アレじゃただのメンヘラでしか無い…

f:id:junk-weed:20180207155352p:image

「神木隆之介にも見せ場作らなきゃ!」という製作側の事情だけで原作よりも早い段階で卵から生まれたエコーズの活躍だってもう観れないのだ…

(超ヒット上映中!の文字が悲しい…)

f:id:junk-weed:20180207154604j:image

岸辺露伴の存在も匂わすだけ匂わせてそのままになっしまうのだ…

f:id:junk-weed:20180207154707p:image

アメコミ映画みたいに原作ファンのための次回作の敵の暗示も暗示されたままほっぽらかされるのだ。

原作を読んでない人からしたら結果的にエンディングの途中でいきなりホラー展開が来ただけの訳のわからないシーンになってしまうのだ…

 

「Blu-rayやDVDが「君の名は。」を超えるメガヒット!」とかになれば続編も作るのでしょうが、そんなことはほぼ有り得ないので諦めます!

多分ヒットしてたら今年の夏ジョジョ誕生30周年の集大成として国立新美術館で開催される「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」と合わせて豪勢に公開する予定だったのだろう…

(もしくは一年間を開けて来年の夏)

ちなみにワーナーは実写版「鋼の錬金術師」も第1作目で原作の1/3を実写映画化して、ヒット次第で残りの2/3を実写映画化したかったらしいけどこっちも見事にコケた。

【チラシ+小冊子付き、映画パンフレット】 鋼の錬金術師

「るろうに剣心」のようにはなかなか上手くいかないものだ…

最後に今思うと東宝と日本テレビが製作した「20世紀少年」の製作費60億円かけて全3部作で連続公開するてかなりチャレンジャーな企画だったんだなーと。

20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり

だって第1章の公開前に第2章を半分以上作ってて、第1章公開中に最終章の撮影してたんだから…

もし第1章からコケてたら現場の雰囲気最悪だっただろうな…

大ヒットしたから良かったけどコケてたらシャレになかってなかっただろう。

日本テレビは「デスノート」2部作の成功で自信があったんだろうけど! 

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は2018年03月23日発売!