スポンサーリンク

1月公開映画のインパクトキャッチコピー

スポンサーリンク

1月公開映画でインパクトに残ったキャッチコピーを紹介します。

 

ジオストーム

ジオストーム

一つ目は日本で初登場一位スタートを切った「ジオストーム」のキャッチコピーで、「海が凍り、飛行機も凍り、そして… 彼氏も凍った。」です。

f:id:junk-weed:20180129192519j:image

これはネットなどでもかなり話題になってますね。

 

レディ・ガイ

レディ・ガイ [Blu-ray]

二つ目は「レディ・ガイ

凄腕の殺し屋がある日目が覚めたら女になっていた!?というストーリー。

f:id:junk-weed:20180129192825p:image

このキャッチコピーはかなり秀逸だ。

 

ガーディアンズ

f:id:junk-weed:20180129193150j:image

最後はロシア映画ガーディアンズ

特集能力を持った人たちが集まるアメコミ映画を意識している作品。

f:id:junk-weed:20180129193203j:image

まずスゴイのは「総製作費3億ルーブルの超大作!」とあるが、日本円では約6億円と日本の大作映画の半分くらいの予算で作られているためハリウッド大作と比べられショボい、ショボい言われている日本映画界からしてもイマイチな予算を前面に出してくるキャッチコピー。

f:id:junk-weed:20180129193347p:image

さらに「アベンジャーズ」以来定期的に見る使い古されたコピーのパロディーに加えて、

f:id:junk-weed:20180129193427j:image

キャッチコピーだけでさらに大風呂敷を広げる。

でもこういうコピーは嫌いじゃない!

 

他にも色々あると思いますが、個人的に今月インパクトがあったコピーはこの3つでした。