スポンサーリンク

あまりヒットしてない実写版「鋼の錬金術師」のYahoo!レビューの評価が謎の急上昇をしている!?

スポンサーリンク

実写版「鋼の錬金術師」が公開されてから4週間が経ちますが、現在の累計興行収入は9億1239万6950円と未だ10億円に届いておらず大コケムードが漂っています。

関係者は年末年始で挽回したいところでしょうが、話題作品に押されてかなり作品そのものの存在感も薄くなってしまっているのでこのペースだと興行15億円にも届かないかもしれませんね…

キネマ旬報」によるとハイ・バジェットのため最低でも25億円ないと厳しいとか…

今年ワーナー・ブラザース制作映画は「銀魂」こそ大ヒットしたものの「無限の住人」「ジョジョ」と大作が連続で大コケしていて散々ですね。

来年の「BLEACH」も少し不安になってきますよ…

 

そんな興行的にイマイチな「ハガレン」ですが、日本で1番信用できるとかできないとか言われてる大手映画レビューサイト「Yahoo!レビュー」の評価はすごく高評価なんで驚きですよ。

f:id:junk-weed:20171227211834j:image

評価はなんと4.00/5.00!

ちなみに公開直後の評価は、

f:id:junk-weed:20171227211918j:image

2.10/5.00と散々だったのにここ数週間ですごい勢いで数字を伸ばしています。

かなり珍しい例なんじゃないですかね?

公開直後は高評価だけど数週間後はジワジワ下がっている逆パターンは割とよく見ますけどここまで極端に上がったのは初めて見たかも…

レビューした人の数も約1.7万人以上と今年実写邦画No. 1ヒットの「銀魂」の約0.99万人を大きく超えています。

興行的にはイマイチでも観たらレビューを付けてしまいたくなるようなコアなファンがつくような映画なのでしょうか?

f:id:junk-weed:20171227212409j:image

星5を付けた人が全体の70%以上と圧倒的です。

他の映画で平均が4を上回っている映画でもここまで5が圧倒的なのは珍しい気がします。

(「天空の城ラピュタ」とかあるけどね!)

ちなみに本作は公開前にサクラを雇って大量の星5を投下したという疑惑がある作品です。

(現在レビューは削除されている)

f:id:junk-weed:20171227213150j:image

となると今回の評価急上昇は「もしや…」と疑いたくなります。

しかし公開直後の評価は一部の熱烈な原作ファンによる必要以上の低評価も多かったように思えます。

個人的にはそこまでヒドい映画だとは思わなかったので…

たださすがにコレは上がりすぎなんじゃないかな〜と思います。

今後どう推移していくかも注目ですね!