「DESTINY 鎌倉ものがたり」ネタバレ感想[堺雅人×山崎貴監督作品]

【映画パンフレット】DESTINY 鎌倉ものがたり 

「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が、同作の原作者・西岸良平のベストセラーコミック「鎌倉ものがたり」を実写映画化し、堺雅人と高畑充希が年の差夫婦役で初共演したファンタジードラマ「DESTINY 鎌倉ものがたり」を観てきました!

今回の作品は下リンクにも書いたようにかなり期待していた作品です!

山崎貴監督の集大成!?「DESTINY 鎌倉ものがたり」が楽しみすぎる理由と期待できるポイントを解説! - Junk-weed’s Blog

さらに上の記事が山崎貴監督にリツイートされたりして舞い上がってしまいさらに期待度はアップ!

f:id:junk-weed:20171210183852j:image

本当は公開初日に観に行きたかったのですが、都合が悪くて今日ようやく観に行けました!

 

前半はコメディタッチでゆるく楽しめる

f:id:junk-weed:20171215185256p:image

映画の前半はかなりコメディタッチで朝ドラを見てるみたいにゆるく楽しめました。

特に高畑充希さんのコミカルな演技は観てて幸せな気持ちになりました。

劇場の空気もクスクスと笑い声が聞こえて暖かい雰囲気でした。

自分も堺雅人の魂が抜けそうになるシーンはおもわず笑ってしまいました。

ただ鎌倉の大仏はデカく描かれすぎててこの映画を観て実際に鎌倉に大仏を見に行った人がいたら思ったらより小さくてガッカリするんじゃないあな〜と感じました。

(自分は誇張して描くのは好きですけどね)

一色家は「となりのトトロ」の家に屋根の色など少し似てるなと感じました。

納戸の中のコレクションは秘密基地のようで子供心を刺激されて魅力的でした。

夜市は「千と千尋の神隠し」と「スターウォーズ」のバーを足したような感じでワクワクしました。

2人のイチャイチャ感は朝ドラなんかで毎朝見れたらな〜と思いました。

(日本テレビ製作の映画だから無理だけど…)

 

 

中盤の夫婦愛には感動

f:id:junk-weed:20171215185725p:image

物語の中盤は亜紀子の魂が抜けてしまうんですが、家の中に入れなかったシーンは悲しかったですね。

夫から生命エネルギーを奪ってたと降りの見せ方もワザとらしくなくほんのり匂わせていて良かったです。

その後、夫が寝てる間に妻が家を去るシーンは「STAND BY ME ドラえもん」を、

f:id:junk-weed:20171215184403j:image

手紙を読んで走るシーンは「ALWAYS 三丁目の夕日」を思い出しました。

f:id:junk-weed:20171215185619j:image

堺雅人が高畑充希を抱きしめるシーンはとても力強くて感動しました。

 

 

クライマックスは圧巻

f:id:junk-weed:20171215185833p:image

クライマックスは堺雅人が黄泉の国に妻を救いに行くと決意するシーンは本当にカッコよかった。

大河ドラマ「篤姫」の徳川家定を演じてた時の堺雅人を思い出しましたよ。

江ノ電に乗って黄泉の国へ入る時はドラクエの最終章に入る前に「ぼうけんのしょに記録しますか?」と出る時並みのワクワク感がありました。

黄泉の国の風景はまさに絶景でとても魅力的でした。

f:id:junk-weed:20171215190046j:image

CGで描かれた世界も洋画では「アバター」や「アリス・イン・ワンダーランド」などがありましたが、日本ではかなり珍しく感じます。

「千と千尋の神隠し」と「猫の恩返し」を連想してジブリの実写化のようだったとネットではよく言われてますが、まさにその通りに感じました。

f:id:junk-weed:20171216184126j:image

(天頭鬼のビジュアルもカオナシを思い出す)

しかもミニチュアも使った撮影だったらしいので今からBlu-rayのヴィジュアルコメンタリーやメイキングでの解説も楽しみ!

f:id:junk-weed:20171215190103j:image

(監督がすごく楽しそう)

前世どころか平安時代からお互い愛し合って夫婦になってたのはまさに「DESTINY」を感じました!

(「君の名は。」の「前前前世」も思い出したり…)

ラストのバトルは堺雅人の想像力で戦う姿もカッコよかったし、ここまでアクション映画してるとは思ってなかったので最高でした。

f:id:junk-weed:20171215190554j:image

今まで幼くカワイかった高畑充希も「次の人生で必ず先生を見つけだします。」のセリフの部分は大人ぽくてドキッとしました。

f:id:junk-weed:20171215190132p:image

ただ天頭鬼が線路を追いかけてくるシーンは「天空の城ラピュタ」みたいに横からのカットで線路がドンドン崩れ落ちてくみたいなスペクタルシーンもあったらもっと楽しめたのに…とそこは少し残念でした。

(予算的に難しいのかな…)

少し天頭鬼が高畑充希に結婚の誓いをたてさせるシーンは少しグダッたのも残念でした。

またもっと黄泉の国の世界をじっくり観たかったですね。

少し急ぎ足に感じました。

ただ主人公の想像力が具現化させた世界や物は山崎貴監督の想像の世界であると考えるとやっぱりスゴイなと改めて感じました。

またこれは考えすぎかもしれませんが、天頭鬼が「お前の想像力はこれくらいか?」というセリフはもしかしたら山崎監督自身が自分に問いかけてるメタ的なシーンなのではないかと感じました。

もしそうなら更なる高みが観れるかもと今から勝手に期待しときたいです。

 

 

最後に

宇多田ヒカルの「あなた」のエンディング入り方もよかったし、電車に飛び移るのは法的に禁止されてますのクレジットも死神が強調するシーンもウケてました。

この映画を観てからしばらくは少し行動が堺雅人ぽくなったのも良い映画を観た証だと思います。

また「鋼の錬金術師」を観た後やっぱり日本でファンタジー映画は厳しいのかな?と感じてしまってましたが、本作は日本でしか出来ない和製ファンタジーとして素晴らしかったです。

パンフレットも分厚くてインタビューがぎっしり詰まっててオススメです。

最後に山崎貴監督は本作を異世界映画を作るのに避けては通れない道と語っていました。

オリジナルの作品が作れるように本作のヒットを心から願ってます。

あなた

あなた

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

おまけ

今回山崎貴監督はTwitterでの宣伝の熱意がスゴイです。

今までないくらい絶賛コメントをリツイートしまくっています。

f:id:junk-weed:20171215191000j:image

こんなコメントを出すくらい本作は気に入っているよう。

f:id:junk-weed:20171215191215j:image

自分も山崎貴監督にこういう感じの映画をドンドン作って欲しいです!

f:id:junk-weed:20171215191426j:image

ただ「鵺」は「ジュブナイル」のインタビューの時にも次の次くらいと言ってたので話半分だと受け取っときます。

今年ティム・バートン監督の「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を観た時も思いましが、監督の強みとやりたいことが一致してる時は強いですね。

これからも応援してます!

「DESTINY 鎌倉ものがたり」の黄泉の国の撮影裏話[堺雅人×山崎貴監督作品] - Junk-weed’s Blog

東京オリンピック・パラリンピックを演出する山崎貴監督が描くVFXの魅力 - Junk-weed’s Blog