スポンサーリンク

「鋼の錬金術師」をハリウッドで実写化して欲しかった人は本当にハリウッドでやって欲しいの?

スポンサーリンク

映画 鋼の錬金術師 パンフレット 山田涼介 ハガレン

実写版「鋼の錬金術師」をハリウッドでやって欲しかった!という声をよく聞きます。

しかし本当にハリウッドにやって欲しいのでしょうか?

 

ドラゴンボール EVOLUTION (Blu-ray+DVD)

ハリウッドで日本の作品をやった代表作の1つとしてあげられる「ドラゴンボール EVOLUTION」があります。

これは批評的にも興行的にも大コケしています。

さらに原作者の鳥山明さんも、

脚本があまりにも世界観や特徴をとらえておらず、ありきたりで面白いとは思えない内容だった。注意や変更案を提示しても、製作側は妙な自信があるようであまり聞き入れてもらえず、出来上がったのも案の定な出来のドラゴンボールとは言えないような映画だった

とコメントを出したくらいです。

『たぶんダメだろうな』と予想していたら本当にダメだった某国の実写映画

とまで言い切ってます。

さらに本作の脚本家も、

ドラゴンボール・エボリューションは私にとって、とても大きな汚点となりました。脚本家として携わった作品が世界中で罵られるのは辛い。世界中から苦情のメールが届いて心が折れそうです。私は何年も批判から気を逸らそうとしましたが、脚本を書いたのは私です。ファンの皆さんをガッカリさせてしまった責任は他でもない自分にあります。最善を尽くしましたが、結局この映画を失墜させてしまいました。私はドラゴンボールのファンではなかったのに、支払われる大金に目がくらんでしまいました。情熱も無いのに取り組んでも、良い作品どころか時には薄っぺらなゴミが出来てしまうことを学びました。もし自分が愛し期待していた作品がガッカリなものになったら、どんな気持ちか私にも分かります。全てのドラゴンボール・ファンの皆さん、心からお詫び致します

と本作の出来について謝罪している。

 

他にも有名な作品としてローランドエメリッヒ監督の「GODZILLA」があります。

GODZILLA[60周年記念版] [Blu-ray]

本作はゴジラをただのモンスターに変えてしまったことで酷評された作品だ。

ただエメリッヒも、

着ぐるみの怪獣映画には全く興味などなかったが、強い押しがあったので仕方なく受けた

だが今度は『ゴジラが人を食べない』といった細かいルールを提示されたので嫌気がさした

なので、いい加減な脚本とデザインを提出し『これなら、あちらから断るだろう』と思っていたらゴーサインが出てしまい、仕方なく撮影に入った

と全然乗り気ではなかった様子。

「GODZILLA (1998)」を紹介![ローランドエメリッヒ監督作品] - Junk-weed’s Blog

 

スーパーマリオ 魔界帝国の女神 製作25年HDリマスター [Blu-ray]

他にもイルミネーションアニメで映画化決まった「マリオ」も過去にハリウッドによってやらかしてるし…

そもそも主演が、

僕の生涯で一番最悪な作品だった

金のために出たのだが、それでもギャラを投げ返したいぐらい

なにもかもが素人っぽく、あれほどひどい映画は類を見ないね

と酷評しているレベル。

 

明らかな失敗作でなくても、

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]

今年公開のスカーレットヨハンソン主演でビートたけしも出演した「ゴーストインザシェル」や、

f:id:junk-weed:20171212124525j:image

今年Netflixで公開された「DEATH NOTE」、

スピード・レーサー [Blu-ray]

ウォシャウスキー姉妹の「スピードレーサー」など悪くないけど面白くもないくらいの作品も多い。

 

無限の住人 [Blu-ray]

少し話を変えると今年公開された「無限の住人」は現代のニューヨークに万次が現れるストーリーがハリウッドで企画されていたが、原作者がやんわりと断ったため頓挫した過去がある。

無限の住人は木村拓哉と万次の絶対死ねない境遇が重なった傑作!?[木村拓哉×三池崇史] - Junk-weed’s Blog

 

寄生獣 Blu-ray 豪華版

山崎貴監督が2部作で実写映画化した「寄生獣」もハリウッドでは善悪がハッキリしてない作品であるため脚本作りが難航して版権が切れて日本に帰ってきたという話は有名です。

実写版「寄生獣」のこぼれ話[山崎貴監督作品] - Junk-weed’s Blog


f:id:junk-weed:20171212122021j:image

来年実写版が公開される「BLEACH」もハリウッドでの実写版の企画が頓挫している。

監督候補も決まっていて、主演やりたいという俳優さんも日本に来て一緒に食事したりして、その俳優さんが描いた一護のイラストも持っているんですけど

と原作者が語るほど企画は進行していた。

しかし、ハリウッドは1本の作品にかける予算が巨額のため、スポンサーの権力が大きくなり、確実に集客が見込めるストーリーに作り替えられていき、米国のオーソドックスなハイスクールものに寄せられてしまったという。

これに対して原作者は

BLEACH』でやらなくても良い話じゃない?

と考えて修正を繰り返したものの上手くまとまらず、映画化権の契約期間が終了してしまった。

ちなみに原作者は「ドラゴンボール」を例に挙げて後悔はあまりないと笑っていた。

BLEACH  1 (ジャンプ・コミックス)

BLEACH 1 (ジャンプ・コミックス)

 

 

オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]

また成功作として挙げられるトム・クルーズ主演の「オール・ユー・ニード・イズ・キル」も原作からかなりアレンジされてます。

ハガレン原作ファンで実写版を否定してる人の中には、原作からの少しの改変も許せない人もいるようです。

そういう人の中にもハリウッドでやればよかったのにといってる人は多いです。

しかしそれはハリウッドに幻想を持ちすぎなのではないかなと感じます。

ハリウッドでやっても原作を完全再現してくれるわけではないのです。

 

つまりハリウッドでの実写化も日本での実写化と同じくらい失敗率は高い。

ここでもう一度聞きたいです。

本当にハリウッドでやって欲しいの?

実写版「鋼の錬金術師」のネタバレ感想[山田涼介×曽利文彦監督作品] - Junk-weed’s Blog