スポンサーリンク

「ワンダーウーマン」ネタバレ感想

スポンサーリンク

ワンダーウーマン  ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

今回は全米で大ヒットを記録して、ロッテントマトの評価も不調なDCユニバースの中でブッチギリの高評価な「ワンダーウーマン」の感想を書きます。

 

ただ観る前は正直偏見もあって…

なんとなくアマゾネスな格好が匂いそうだな…と感じててどうにも乗り気になれなかった。

(露出した格好じゃ戦場で危なくね?とも思ってた)

自分も「もののけ姫」のサンが臭そうとかネットで描かれてるとイラつく人間なのでもしこの文を読んでる人で気分を害した人がいたら謝ります。

もののけ姫 [Blu-ray]

もののけ姫 [Blu-ray]

 

でもそんな偏見があったのも事実です。

 

また「バットマンVSスーパーマン」でワンダーウーマンがあのカッコいい音楽とともに出てきた時は素直にテンションが上がりまくったんですけど、映画自体の評価は個人的に最悪でどうしてもDCユニバースの映画を観るのは腰が重くなってしまう傾向にありました。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット ・エディション ブルーレイセット(期間限定/2枚組) [Blu-ray]

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット ・エディション ブルーレイセット(期間限定/2枚組) [Blu-ray]

 

 

で、結局「ワンダーウーマン」の感想はどうだったのかというと…

まず女性だけの島での戦闘はスロモーションの使い方も上手くてアクションがすごく観やすかって楽しかったです。

f:id:junk-weed:20171206011847p:image

スティーブが女達に囲まれて真実を白状させられてるシーンは少し羨ましかったり…

 

お風呂や船での2人のやりとりも良かったですね。

思いの外ダイアナが男性の性的特徴を知ってるのは意外でした。

予告では男に対しては全く無知のような宣伝をしてたので…

(特報でのび太のお母さんの声優の人がナレーションをしてたのは笑いました。)

 

ロンドンについてからの服屋でのやりとりなどのダイアナと世界のカルチャーギャプコメディも面白かった。

f:id:junk-weed:20171206011859p:image

特に剣を持って回転扉に入るタイミングを伺う姿はとてもチャーミングでした。

 

そして何より戦場に立ち向かうシーン。

f:id:junk-weed:20171206012101p:image

頭に飾りを付けるシーンのスロモーションがちょっと違和感を感じたんですが、とてもカッコよく本作で一番気持ちが高ぶったシーンです!

その後の一連の戦闘シーンも最高だった!

男を踏み台として踏みつけてジャンプするくだりも楽しめました!

そんなダイアナだからこそスティーブとの恋模様もグッときました。

 

ただ141分は少し長すぎて後半はかなり退屈でした。

なんだかスロモーションも多用しすぎて飽きてくるし、クライマックスのアクションはバリバリのCGバトルでかなりガッカリでした。

またアレスを殺せば戦争が終わると信じてたダイアナに対して戦争は誰か1人を倒せば終わるものではない!みたいな流れはスゴく良かったのにその後アレスが出てきたことでその流れがウヤムヤになっていった感があったのも残念でした。

ただ最後のスティーブの自爆は好きですよ。

自分は最後ちょっと笑みを浮かべてるように見えて「永遠の0」の最後を思い出したり…

(「永遠の0」は好きじゃないんですけどね…)

永遠の0 Blu-ray通常版

永遠の0 Blu-ray通常版

 

 

というわけで個人的な感想をまとめると前半は面白かったけど後半は少しダレたな〜といった感じです。

やっぱりDCユニバースは合わないかも…

でも毒ガスを作ってた女性のキャラは結構好きでした!

また観終わった後はあのコスチュームも魅力的に見えるようになってきました。

太ももなんかスゴく魅力的ですね! 

ワンダーウーマン  ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

ワンダーウーマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]