スポンサーリンク

実写版「鋼の錬金術師」から感じる違和感とショボさの理由を分析!

スポンサーリンク

f:id:junk-weed:20171126164934j:image

実写版「鋼の錬金術師」の公開が迫っているが、予告編を観てすごい違和感やショボさを感じた人は少なくないだろう。

今回は何故人は実写版ハガレンをショボいと感じるのかを分析したい。

 

ヴィジュアルの魅力

f:id:junk-weed:20171126150741j:image

まず本作のヴィジュアル画像が初公開された時正直ワクワクした人も少なくないと感じる。

確かにエドとアルの後ろ姿はこれから始まる冒険を予期させワクワクさせられる。

ただし昨年公開された「ファンタスティックビースト」と比べると酷である。

また悲しいことにこのワクワク感は予告映像からは感じられない。

その理由はこのヴィジュアルは後ろ姿しか見せていない上に動かないからだろう。

だから動けばすぐにボロが出る。

所詮このヴィジュアルはただの一枚絵に過ぎないのだ。

 

日本人キャスト

f:id:junk-weed:20171126163419j:image

ヒットマンガ実写映画化によくあるのが、キャラクターの国籍が日本人ではなく実写映画化される際に日本人キャストを揃えて大バッシングを食らう構図だ。

本作ではそれが如実に表れている。

過去作品を振り返ると「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 」ではアッと驚かせるオチをつけることでキャストが全員日本人であることに意味をつけた。

この試みが上手くいってたかは別としても観客の気持ちを逆手に取った試みであったことは間違いない。

また「テラフォーマーズ」ではそこまで物語上で外国人である必然性がなかったため日本人キャストが演じていても違和感はなかった。

しかしハガレンでは特に工夫なく日本人が外国人を演じるというキャスティングがされている。

これに何故必要以上に違和感を感じるかというとそれはやはり本物ではないからだろう。

過去にハリウッドで作られた時代劇を思い出して欲しい。

外国人が侍を演じる姿を観て凄い違和感を感じたと思うが、それと同じで日本人が外国人を演じると違和感が出てしまうのだ。

ただしこの問題は曽利文彦監督も自覚しているようで、ルックより日本人のソウルを優先したという。

確かにハリウッドで作られた「ドラゴンボール」は酷かったのでハリウッドで作ったら良い作品が出来るかと聞かれれば成功のハードルは日本でやるのとほとんど差は無いように感じる。

ドラゴンボール EVOLUTION [Blu-ray]

ドラゴンボール EVOLUTION [Blu-ray]

 

日本で作ったからこそのソウルの部分でルックのマイナス点を覆せるのか注目だ。

※比較写真はトムクルーズ主演「ラストサムライ」 

ラスト サムライ [Blu-ray]

ラスト サムライ [Blu-ray]

 

 

イタリアロケ

f:id:junk-weed:20171126163058j:image

日本人が外国人を演じると違和感があるのと同じで日本人が外国を撮影すると違和感が出るのは言うまでもない。

外国映画で日本を舞台にしている映画の違和感が半端ないのと同じだ。

それはストーリーのノイズになり製作者の意図したことと違う笑いを生むのは避けられない。

今年公開の「ジョジョ」は三池崇史監督のアイデア杜王町をスペインで撮影したが、あの作品ではスペインにコスプレした日本人が存在する違和感のある画面が映画全体の奇妙な雰囲気の演出の底上げに成功した見事な選択だった。

しかし王道ファンタジーを狙った本作では、イタリアでコスプレした日本人が存在する画面はただただキッチュな作品にしか見えない。

※比較写真はローランドエメリッヒ監督の「デイアフタートゥモロー」の日本シーン

 

VFXと美術

f:id:junk-weed:20171126163827j:image

また本作は日本映画史上過去最高レベルのCGを使ったからといって海外のファンタジー映画のクオリティには遠く及ばない。

それはやはり予算の問題だろう。

ハガレンの製作費は恐らく宣伝費を含めて約20億円だと推測される。

それに対して「ファンタスティックビースト」や「ナルニア国物語 第1章」のような海外ファンタジーは約180億円(宣伝費を除く)で製作されておりどうしても予算分の差はでてしまいハガレンのCGは荒いシーンやCG全開のワザとらしいシーンが多く感じる。

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]
 

また予算の差についてはCGより美術の方が如実に差が出てしまうだろう。

f:id:junk-weed:20180207172555j:image

日本人は当然ファンタジー映画の製作の経験が乏しい。

その為セットのように大きいものから小物など小さなものなど全てにおいて作り慣れていない上に予算もないためどこか完成度の低い美術が大量に完成していく。

これはCGにも言えることだが、些細なことのように思えるツメの甘さが映画全体の違和感とショボさに繋がっていく。

※比較画像は「ハリーポッター」シリーズ

 

センス

f:id:junk-weed:20171126164501j:image

そして最大の問題はセンスだろう。

こればかりはどうしようもないが、画面の見せ方だけでなく動物の見せ方や人の撮り方などがいちいちダサく目を疑うようなカットが予告編の間だけでも何度も目に入ってきた。

またファンタジー映画特有の空気の重さも全然表現できておらず画面が軽すぎる。

ここでも経験値の差が如実に表れたのではないかと推測される。

 

過去に「ウルヴァリン SAMURAI」という映画ではヒュージャックマンがご飯の上に箸を突き刺すギャグをしていた。

これはアメリカ人があえて日本のマナー違反をギャグにしたもので、異国人ギャップのギャグだ。

また「テルマエロマエ」もコメディだからこそ日本人が異国人を演じるギャップをギャグに昇華できた。

テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤

テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤

 

しかしハガレンは再度繰り返すが本格的な王道ファンタジーを狙っている作品だ。

異国人のギャップで失笑を買ってしまったらその時点で作品への没入感はなくなり全編学芸会へと成り果て失敗作の烙印を押されるだろう。

果たして本作は成功作なのか?失敗作なのか?

それは自分の目で確かめるしかない。