スポンサーリンク

2017年度アルバム売り上げランキング首位は安室奈美恵!SMAPは2位で共にミリオン達成!嵐は3位

スポンサーリンク

f:id:junk-weed:20171120205400j:image

2017年度のアルバム売り上げランキングがほぼ確実になった。

 

現段階のトップ3は

*1位 1.594.000 Finally / 安室奈美恵
*2位 1,172,011 SMAP 25 YEARS / SMAP
*3位 *,736,035 untitled / 嵐

安室奈美恵が圧倒的な強さだ。

今後も伸び続けるであろう安室奈美恵が今年度の売り上げ首位でまず間違いないだろう。

 

安室奈美恵は来年9月に引退を発表しているが、今回のベストアルバムは豪華だ。

Finally

Finally

 

過去の作品45曲だけでなく新曲6曲も入って合計52曲の音楽が楽しめる本作。

しかもそれだけでなく、「ミスターU.S.A.」から「TSUKI」までの39曲が新たにレコーディングされる既に全楽曲も持っているファンにも嬉しい仕様で10代、20代の頃の歌を今の声で楽しむことが出来るベストアルバムだ。

さらに最後にふさわしい壮大なバラード曲「Finally」も入った集大成のアルバムに仕上がっている。

もし自分がプロデューサーなら普通に新規レコーディングしないバージョンのベストアルバムも出して金儲けに走ってしまいそうなところだがそこのライン引きも見事だ。

ところでもう一曲くらい安室奈美恵は新曲を発表するのだろうか?

その点の動向も含め来年の引退に備えたい。

 

2位のSMAPのベストアルバムもファン投票で選ばれた50曲が収録されておりブックレットの内容もSMAPの歴史を振り返ることのできる素晴らしい内容だった。

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)

 

しかし新規で撮影した写真が一枚もなかったのは残念だった。

また最後を打ち出さない宣伝も売り上げ面ではマイナスに感じた。(誤解を招かないように言っておくがSMAPの再結成を前提にあくまで25周年記念ベストアルバムという宣伝徹したポリシーは好きだ)

SMAPは好きなので最後は首位を飾って欲しかったのもホンネだが、やはり今年度の首位に相応しいのは最高のベストアルバムを生み出したファンの期待に応えた安室奈美恵の方だろう。

 

また今年は3位に留まった嵐のアルバムだが、安室奈美恵SMAPが共に歴史に終止符を打とうとしている(打った)のに対してこれからの活躍を期待させるタイトルと内容のアルバムを世に送り出した。

「untitled」(通常盤)

「untitled」(通常盤)

 

売り上げ面でも安室奈美恵SMAPの影に隠れて薄れがちだが、引退・解散もないアルバムで毎年安定の強さを見せており嵐には次の時代のアイドルとしての活躍を期待したい。

 

最後に3つのアルバムに対しての印象を一言でまとめると安室奈美恵のアルバムは最後を彩るアルバム、SMAPのアルバムは少し切なさを感じるアルバム、嵐のアルバムは次世代への希望のアルバムといったところか…

どのアルバムもそれぞれ素晴らしい、魅力のあるアルバムに感じた。

 

ただ個人的には今だけはまだ平成の余韻に浸りながら音楽を聴いて過ごしたい気分だ。

※当たり前のことですが、音楽の売り上げと実際の作品の価値は全く別物ですのでその点はご了承ください。