スポンサーリンク

「斉木楠雄のΨ難」でネタにされた実写映画あるあるに該当作品を当てはめてみた

スポンサーリンク

☆映画チラシ『斉木楠雄のΨ難』山崎賢人 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮☆10枚

今回は絶賛公開中の「斉木楠雄のΨ難」の作中でネタにされた実写映画化あるあるをまとめてその該当作品を当てはめていきたいと思います!

 

❶ 何でもかんでも実写映画化

f:id:junk-weed:20171120014058j:image

かつて実写映画化とは本当に大ヒットした漫画のみが許されるメディアだった。

しかし昨今の日本映画界は過去ではアニメ化すら怪しかったような売り上げの漫画が次々と実写映画化されていく。

ここではあえて「斉木楠雄のΨ難」を挙げておくことにする。

ちなみに基本的にこのマンガの実写邦画をベースにネタにしているからほとんどこのマンガは当てはまる。

しかしここからは違う作品を当てはめていく。

 

❷  とりあえずイケメン

f:id:junk-weed:20171120014111j:image

実写映画化ではとりあえずイケメン俳優がキャストに決定する。

あのキャラがあんなイケメンが演じられるわけないと決めつけられがちだ。

しかし意外とヴィジュアルを見ると悪くないかもと考えを改めるまでもあるあるだ。

そして本当にブサイクがキャストされても困るのも事実だ。

ここでは例として「ジョジョの奇妙な冒険」を演じた山崎賢人を選びたい。

彼の演じる仗助は結構良かった。 

(斉木の主演も山崎賢人)

また「無限の住人」の木村拓哉も発表当初は叩かれがちだったが血まみれで戦う万次を見事に演じきった。

 

❸ 特殊メイク

f:id:junk-weed:20171120014124j:image

二次元なら成立していた個性的なキャラクターを三次元に立体化することは無謀なのでは!?と考えがちだが意外と特殊メイクでなんとかなっているというあるある。

例として「るろうに剣心」の志々雄真実を選びたい。

あんな包帯グルグル男絶対無理だろうと感じていたが、藤原竜也の好演と足して最高だった。

他にも「20世紀少年」では特殊メイクにより半世紀に及ぶ物語を同一の役者が演じきった。

20世紀少年 BDセット (本編BD3枚+特典DVD1枚)※初回生産限定 [Blu-ray]

20世紀少年 BDセット (本編BD3枚+特典DVD1枚)※初回生産限定 [Blu-ray]

 

 

❹ 美術が凄い

f:id:junk-weed:20171120014130j:image

これも意外とマンガのあの世界観や道具が再現されてる!と結構感動しちゃうあるあるのひとつ。

ここでは「ヤッターマン」を挙げたい。

あのバカバカしい世界観や道具、メカなどを再現したのは凄かったしワクワクした。 

他にも「銀魂」の世界観の再現も驚かされた。

ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]

ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]

 

 

❺ オリジナルキャラクター

f:id:junk-weed:20171120014205j:image

誰得としか感じないオリジナルキャラクターもあるある。

膨大な原作を映画という枠に収めるために追加される最も嫌われるキャラクター。

こいつが活躍すれば叩かれ、活躍しなくてもじゃあ何故出したのか?と叩かれる存在。

ここでの例は間違えなく「進撃の巨人」のシキシマだろう。

ただ長谷川博己の演技は痺れた。

また「暗殺教室」でも誰得なオリジナルキャラクターが出演していたがあれは影が薄すぎてほとんど物語と関わらなかった。

 

❻ 需要なキャラが消える

f:id:junk-weed:20171120014230j:image

尺の都合仕方ないのかもしれないが、わざわざオリキャラが出ているにも関わらず消されると余計に腹立たしいあるあるだ。

また出演したらしたらでイメージと違う!と結構叩かれてしまうのも常だ。

ここでも「進撃の巨人」を挙げたいが2回目だと手抜き感がでるのでここは「バクマン。」を例に上げよう。

原作では亜城木夢叶の名付け親でシュージンの妻にもなる重要なキャラクター見吉香耶の存在が綺麗に消されていた。

また「デビルマン」ではシレーヌが登場したにも関わらず何故か物語から消えていたりもした。

バクマン。Blu-ray 豪華版

バクマン。Blu-ray 豪華版

 
デビルマン [DVD]

デビルマン [DVD]

 

 

❼ オリジナルストーリー

f:id:junk-weed:20171120014242j:image

原作はあくまでベースでしかなく世界観やキャラクターを借りたオリジナルストーリーを展開するあるある。

酷い時は世界観もキャラもかなり変えてきて見た目だけはそっくりというパターンもある。

ここでも国籍まで変えた「進撃の巨人」を例に出したいのは山々だが、手抜き感が出るのでここでは「CASSHERN」を挙げたい。

主要キャラクターの名前や家族構成、一部の象徴的デザインを原作から継承しているがほとんどが紀里谷和明監督の世界観に染められている。 

また「ガッチャマン」でも原作の重要な設定を無くしてよくわからないオリジナルストーリーを展開した。

CASSHERN [DVD]

CASSHERN [DVD]

 

 他にも実写映画化あるあるは山ほどあるが今回は斉木楠雄のΨ難に出てきたあるあるのみまとめてみた。

斉木のコミックも面白いので興味があったら是非読んでください!