なぜ日本映画のCGはショボいのか? それは予算とスタッフの数の問題だ!

f:id:junk-weed:20171118161127j:image

今回はなぜこんなにも日本映画のCGはショボいのかの解説をしたいと思います!

 

CGは予算だ!

よく日本映画はハリウッドに比べて予算が少ないからCGのクオリティが低いという話を聞いたことがあると思います。ではなぜ予算が少ないとCGのクオリティが下がってしまうのか?実はCGは技術の問題も大切ですが、かける時間も大切でトライ・アンド・エラーを繰り返せば繰り返すだけクオリティが上がるものなのです。分かりやすく例えるなら、英単語を覚えるのに1回だけより100回繰り返したほうが定着するのと同じことです。このトライ・アンド・エラーがハリウッド映画では200回繰り返せます。

しかし日本映画は全てのカットに10回すれば破綻してしまう環境で作っているのです。なので基本的に日本映画のCGは1・2回でOKとしてしまう状況にあるのです。つまりたった1カットで199回分の差が出て来てしまうのです。そして200回繰り返したカットを2時間分積み重ねたハリウッド映画のCGとほとんど1・2回でOKにしてしまっているカットが積み重なった日本映画のCGでは大きな差が出てしまうのは当然です。これは単語テストで100個の単語を100回繰り返し練習した人と100個の単語を1回だけ練習した人で大きな差がつくのと同じです。

ではなぜ日本ではトライ・アンド・エラーが出来ないかというとここで予算の問題につながります。CGは人間が作ります。つまり人件費がかかります。またコンピュター使用料が発生します。映画評論家の町山智浩さんによると実写版「進撃の巨人」では人件費とコンピュター使用料が時給で支払われたためCGに時間をかければかけるほど予算がかかってしまう仕組みになっていたそうです。

つまり日本映画はハリウッドに比べて予算が少ないため人件費とコンピュター使用料は抑えなくてはいけません。なのでトライ・アンド・エラーを繰り返す時間がない=人件費とコンピュター使用料を抑えたい=予算が少ないからCGのクオリティが低いという式が成り立つのです。ここでハリウッド大作と日本の大作映画の製作費をジャンルごとに出来るだけ近い公開年の映画で少し比較(本当は山ほど比較したいのですが邦画で製作費が発表されてるのが少ないので難しい…)したいと思います。

❶ スペースオペラ

f:id:junk-weed:20171118161933j:image

(左画像ヤマト・右画像スタトレ)

2010年公開の山崎貴監督の「SPACE BATTLESHIPヤマト」は宣伝費を含め製作費20億円で製作されましたが、2009年公開のJ・J・エイブラムス監督の「スター・トレック」は宣伝費無しで約150億円掛けて製作されています。

実際2つの作品を見比べるとこんなに大きな予算の差があるとは思えないレベルで日本映画のCGはがんばっていると感じられます。

SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション 【Blu-ray】

SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション 【Blu-ray】

 
スター・トレック [Blu-ray]

スター・トレック [Blu-ray]

 

❷ 飛行機の描写

f:id:junk-weed:20171118175739j:image

(左画像海猿・右画像ハドソン)

2012年公開の羽住英一郎監督の「BRAVE HEARTS 海猿」は製作費約10億円(正確には届いていない)で製作され、2016年公開のクリントイーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」は製作費約60億円で製作されました。

ただしどちらの作品もフルCGでは無く海猿は模型を、ハドソンは実際に機体を購入した。

ここでも予算の差が出ています。

海猿の方が少しCGらしさを感じるシーンが多少あるも、こちらも製作費の差を考えると十分なクオリティに仕上がっていました。

BRAVE HEARTS 海猿 スタンダード・エディション [Blu-ray]

BRAVE HEARTS 海猿 スタンダード・エディション [Blu-ray]

 
ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]

ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]

 

❸ ディザスター

f:id:junk-weed:20171118162030j:image

(左画像日本・右画像ハリウッド)

ディザスター映画の代表として日米ゴジラを比較したいです。

2016年公開の庵野秀明総監督の「シン・ゴジラ」の製作費は約13億円、2014年公開のギャレス監督のギャレス監督の「GODZILLA 」は製作費約160億円とこちらもかなりの差が付いています。

しかし「シン・ゴジラ」も所々アクションの大きいシーンこそCG感はバリバリでしたが、あまり動かないシーンの質感と存在感は素晴らしかったです。

その点からも日本映画は少ない予算とスタッフの中かなり検討していると思うし、コスパはすごくいいと考えられます。

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

 
GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組

 

(なぜ日本映画の予算が少ないかは後日まとめますが、簡単に説明するとハリウッド映画は世界で売れて日本映画は日本でしか売れないため回収できる金額が違うからです)

 

経験値が積めない!

また日本のCGのクオリティが低い理由に、経験値が積めないというがある。

例えば山崎貴監督映画のVFXを担当する白組は昭和の世界→戦国→宇宙戦艦の映画→戦闘機の映画→クリーチャーの映画と次々と別のジャンルの映画を作るため新しいジャンルのたびに経験値は0までリセットされる。

しかしハリウッドでは、宇宙のCGを担当する人、水のCGを担当する人、地震のCGを担当する人など細かくジャンルごとに分かれているため作品を積み重ねるごとに経験値が溜まりクオリティが向上していくのだ。

ここで次の画像を比較して欲しい。

f:id:junk-weed:20171118141948j:image

この画像は山崎貴監督の「ALWAYS 三丁目の夕日」の画像だが左が2005年、右が2012年の映像だ。

右の画像のが左に比べ格段に映像が綺麗で車の数なども増え混み合った描写が描けている。

もちろんコンピュータの進化も大前提だが、それだけで無く昭和を繰り返し描いてきたことで経験値が上がりクオリティが増したと考えられる。

ALWAYS三丁目の夕日/続・三丁目の夕日/三丁目の夕日'64 三作品収納版(Blu-ray)

ALWAYS三丁目の夕日/続・三丁目の夕日/三丁目の夕日'64 三作品収納版(Blu-ray)

 

他にも同じ山崎貴監督作品で比較すると、

f:id:junk-weed:20171118142145j:image

左は2013年公開の「永遠の0」で、右は2016年公開の「海賊とよばれた男」の画像だが戦闘機の質感は3年間で確実に進歩している。

これも一度経験した戦闘機描写だからこそのクオリティアップだろう。

永遠の0 Blu-ray通常版

永遠の0 Blu-ray通常版

 
海賊とよばれた男 [Blu-ray]

海賊とよばれた男 [Blu-ray]

 

さらに堤幸彦監督の「20世紀少年」では、

f:id:junk-weed:20171118143521j:image

左が2008年の第1章、右が2009年の最終章の巨大ロボットだがたった1年でペラペラで軽そうなCGらしさ全開の第1章に比べて、最終章ではしっかりと存在感の感じられるCGに大幅に進歩しているのが分かる。

さらに一般的に昼より夜の描写のが暗く誤魔化せるためCGの表現で使われることが多いが最終章では真っ向から昼の描写を描き第1章の夜の描写を大きく上回った。

これも一度経験したからクオリティが上がったと考えられる。 

20世紀少年 BDセット (本編BD3枚+特典DVD1枚)※初回生産限定 [Blu-ray]

20世紀少年 BDセット (本編BD3枚+特典DVD1枚)※初回生産限定 [Blu-ray]

 

 

最後に…

ショボい、ショボい言われる日本映画だがハリウッドに対してかなり悪い環境でがんばっているとは思う。しかし同じ値段を払って映画を観る観客にとってそんな事情はこれっぽっちも関係がない話なのも事実だ。

これからも日本のCGスタッフには辛い罵声を浴びさせられる事が多い中で頑張って欲しいです。

東京オリンピック・パラリンピックを演出する山崎貴監督が描くVFXの魅力 - Junk-weed’s Blog