スポンサーリンク

「天空の蜂」の魅力を紹介![堤幸彦×江口洋介]

スポンサーリンク

f:id:junk-weed:20171112134513j:image

今回は堤幸彦監督がメガホンを取り江口洋介が主演、松竹配給の「天空の蜂」の魅力を紹介します!

 

魅力1 社会派サスペンス

f:id:junk-weed:20171112134413j:image

東野圭吾原子力発電所を題材に1995年に発表した傑作小説を、堤幸彦監督が映画化した社会派サスペンス。
最新鋭の大型ヘリコプターが奪われ遠隔操作で稼働中の高速増殖炉の上空でホバリングする事件が発生。

テロリストは日本全国の原発を停止することを要求するし、ヘリの燃料が切れ墜落するまでの8時間の間に日本は決断に迫られる。

さらにヘリの中にはヘリ設計士の子供が偶然閉じ込められてしまっていた。

家族の絆から犯人の動機まで濃密な人間ドラマと真犯人の正体やタイムリミット要素のサスペンスが加わった作品に仕上がっている。

 

魅力2 大型ヘリコプタービッグB

f:id:junk-weed:20171112134416j:image

本作最大の課題は大型ヘリコプタービックBにリアリティを持たせることだろう。

CGで描かれたビックBは『サンダーバード』の“サンダーバード2号”をモチーフに“丸みを帯びているけど何かコワい”というアンビバレントなバランスが意識され徹底的にリアリティにこだわり説得力のある画面を演出することに成功した。

 

堤幸彦監督作品としては真面目な仕上がりになってますが、少し演出を疑うようなヘンテコなシーンも入っていてそこは少し残念でした。

しかしパニック映画として前半はかなり緊迫感もあってオススメです。

 

おまけのこぼれ話

堤幸彦監督は学生時代に学生運動に参加していた

堤幸彦監督は本作を棺桶に持っていける作品と評した

堤幸彦監督曰く演出に徹底的にこだわり細かい辻褄あわせまで検証を重ねた

・本作では不安感や緊張感を演出するために固定したカメラで撮影したシーンは1つもない

・ビッグBと同等の巨大ヘリがロシアにあり借りられないかと検討したが実現しなかった

・CG作業は1年間かかりカット数は1000を超えている

・クライマックスの江口洋介のヘリコプターから顔を出すシーンは実写で撮影した

江口洋介は高いところが得意ではないが堤幸彦監督は知らないことにして撮影に臨んだ

・偶然ヘリコプターをスタント無しで撮影したトムクルーズ主演の「ミッションインポッシブル ローグネイション」と公開時期が被った

仲間由紀恵はトリック完結以来久々に堤幸彦監督作品に出演した

天空の蜂 [Blu-ray]

天空の蜂 [Blu-ray]

 
天空の蜂 豪華版(3枚組) [Blu-ray]

天空の蜂 豪華版(3枚組) [Blu-ray]