スポンサーリンク

この冬、日本映画2大ファンタジー映画が激突![鋼の錬金術師×DESTINY 鎌倉ものがたり]

スポンサーリンク

f:id:junk-weed:20171107225032j:image

2017年冬、日本映画から2つのファンタジー映画が公開される。

1つはワーナー・ブラザース配給の「鋼の錬金術師」で、もう1つは東宝配給の「DESTINY 鎌倉ものがたり」だ。

どちらも大人気原作を実写映画化した作品で、大手配給会社が配給する大作映画で日本最高レベルのVFX技術を売りにしている作品だ。

そんな2つを今回比べてみながら、2作品のどちらがヒットするか予想したい。

 

まず2つの原作はどちらが売れているのか?

f:id:junk-weed:20171111135538j:image

答えは「鋼の錬金術師」だ。

ハガレンは全27巻の累計は7000万部以上を売り上げてるいるのに対して、鎌倉は既刊33巻で累計950万部と圧倒的な差がついている。

原作の知名度や売り上げから見ればハガレンの方がヒットする見込みがある。

 

次に監督を比べたい。

f:id:junk-weed:20171111135547j:image

どちらもVFX出身の監督でどちらもCGを武器に日本映画界を戦っている監督だ。

ハガレン曽利文彦監督は「ピンポン」や「あしたのジョー」が代表作で監督映画作品ははハガレンを含んで4本。

一方鎌倉の山崎貴監督は本作と同じ原作者の「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを始め「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」など大ヒット作を続出させるヒットメーカー。

監督映画作品は鎌倉を含め14本と曽利文彦監督より10本も多い。

さらに興行収入面では日本映画のヒットの1つのラインである10億円を一度も割ったことない凄腕監督だ。

お互いの最高興行収入は曽利文彦監督は「ピンポン」の14.0億円、山崎貴監督は「永遠の0」で87.6億円と興行面でも大きな差が出た。

また山崎監督の三丁目の興行は32.3億円→45.6億円→34.4億円と3作とも興行30億円を超える大ヒットをしている人気シリーズだ。

この点を踏まえると姉妹作のような匂いのする鎌倉の方がヒットする見込みがある。

ただ、昨年山崎監督は同じスタッフと原作者と主演まで「永遠の0」と揃えた「海賊と呼ばれた男」の興行が大幅ダウンしたこともあるためそれだけでヒットするほど甘くはないだろう。

ちなみに2002年の夏に曽利文彦はデビュー作「ピンポン」、山崎貴は監督2作目の「リターナー」をVFXを武器にする注目の若手監督として公開している。

それから15年経ちその2人が冬の大作監督を任されているのは感慨深いものがある。

(その時は1ヶ月半くらい間があったのだが…)

 

次は主演だ。

f:id:junk-weed:20171111135613j:image

ハガレンのはHey!Say!JUMPに所属するジャニーズタレント山田涼介で映画「暗殺教室」を大ヒットさせた実績がある若手俳優

一方鎌倉の堺雅人は「半沢直樹」や「リーガルハイ」「真田丸」で高視聴率を叩き出した人気俳優だ。

山田は「暗殺教室 卒業編」で興行収入35.2億円の大ヒットの実績を持つ。

堺雅人は大作映画主演は意外にも初めてで興行力は未知数だが、「半沢直樹」では最終回の視聴率42.2%を叩き出しただけに主演面からの興行収入予測は難しい。

オープニングだけなら熱心なファンを多く持つ山田主演のハガレンのが強い気もするが、年末年始・冬休みなど長期休暇を挟んでの最終興行では予測不能だ。

 

最後に一番大事な映画としての魅力を考える。

ハガレンは大人気原作の実写化とあって公開前から原作ファンのバッシングが大きい。

しかしジャニーズ主演と大人気原作の知名度はバカにならないし、原作者書き下ろしの特典もつくならオープニングは期待できるのではないか。

CGのクオリティも高くハリーポッターを思わせる宣伝と中世ヨーロッパを思わせるファンタジーなことと失った体を取り戻す兄弟の物語なのでは若年層を集めそうな気配がある。

鎌倉は原作知名度は低いが、堺雅人主演と「ALWAYS 三丁目の夕日」スタッフが集結していることと鎌倉と黄泉の国が舞台のファンタジーで黄泉の国に連れ去られた妻を救うために夫が立ち上がるストーリーなので年配層にウケそうな気配がある。

オープニングがほどほどでも年末年始に着実に興行を伸ばせるタイプの匂いがする。

こちらもCGのクオリティは高く、宇多田ヒカルの主題歌も惹きつけられる魅力に満ちている。

 

結論を書くとハガレンはヨーロッパが舞台のファンタジーで兄弟愛の話、鎌倉は日本が舞台の夫婦愛の話で受ける層が違うだろう。

 

最終的にどっちがヒットするかと言われば、ぶっちゃけわからないがどちらも30-40億円くらいは入って欲しいし、入れるだけのポテンシャルはあると思う。

 

どちらも魅力的な2作だが個人的には鎌倉>ハガレンだ。

ちなみに配給力は東宝のが強いが、基本的にシネコンなのでワーナー・ブラザースもほぼ同じ強さと考えて良い。

 

下リンクに画像込みでこの2作を比較してるので是非で読んでください!

「鋼の錬金術師」×「DESTINY 鎌倉ものがたり」 徹底比較!あなたはどっちが観たい!? - Junk-weed’s Blog