スポンサーリンク

「シザーハンズ」の魅力を紹介![ティムバートン×ジョニーデップ]

スポンサーリンク

f:id:junk-weed:20171106185145p:image

今回はクリスマスに観たい、ティムバートン監督最高傑作とも名高い「シザーハンズ」の魅力を解説します!

 

魅力1 ティムバートンワールド全開の世界観

f:id:junk-weed:20171106185021j:image

本作の最大の魅力はティムバートン監督が作り出す箱庭的世界観だろう。

パステルカラーの家が何個も並ぶ住宅街、郊外の丘にあるゴシック風の城、そして城の中に広がる庭。

観ているだけでおとぎ話の中に入ってしまう不思議な気持ちにさせる幻想的な空間が表現されている。

 

魅力2 悲しいラブストーリー

f:id:junk-weed:20171106185005j:image

本作のジョニーデップ演じる主人公エドワードは、手がハサミの人造人間。

エドワードはキムという街の女性に恋をしてしまうが、手がハサミなので抱きしめようとすると彼女を傷つけてしまう切ない境遇の持ち主。

重要なポイントとなる氷の彫刻のシーンはとても美しい。

2人は結ばれることができるのか?

 

魅力3 人間の変貌

f:id:junk-weed:20171106184939j:image

本作ではエドワードが、ある事件をきっかけに街中の人から嫌われてしまう。

それまでは優しく接してくれた人々が豹変する姿がリアルに描かれる。

 

魅力4 切ないオープニング

f:id:junk-weed:20171106184931j:image

ティムバートン監督作品はオープニングに凝る監督だ。

本作ではオープニングに物語の行く末を全て暗示させる切ないオープニングに仕上がっている。

また配給会社のクレジット時にまで雪が降っている演出がなされている。

 

本作は「どうしてこの街に雪が降るようになったのか?」が最初の疑問として提示される。

物語が終わった時誰もが切ないラストに心を打たれるだろう。

 

おまけのこぼれ話

・本作はティムバートンがワーナー・ブラザースに企画を断られたので、20世紀FOXに企画を持ち込み採用となった。

・本作の主人公役にトムクルーズが候補を上がっていた。

・本作がティムバートン×ジョニーデップの黄金コンビが誕生した記念的作品である。

・オープニングでのスタッフの文字のデザインはハサミの形を意識している。

・本作をきっかけにジョニー・デップウィノナ・ライダーは婚約しているが、後に解消した。

・発明家役のヴィンセント・プライスは、この作品が遺作となった。

シザーハンズ<製作15周年 アニバーサリー・エディション> [DVD]

シザーハンズ<製作15周年 アニバーサリー・エディション> [DVD]