世界の形を変えてしまった『天気の子』/あの世界の東京で雨が降り止まない理由

<注意>『天気の子』のネタバレ 新海誠監督最新作『天気の子』を鑑賞した。 家出少年と晴れ女のラブストーリー 本作は離島から家出した少年が天気を晴れにする事が出来る少女に出会うラブストーリー。映画の世界の東京は常に雨が続いている。そして映画の中盤…

『トイ・ストーリー4』ディズニー史上No. 1ヒットスタートで「興行収入100億円突破へ さあ行くぞ!」

ディズニー・ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』が興行収入100億円突破を狙えるメガヒットスタートを切った。 『トイ・ストーリー3』超えのスタート 本作の土日2日間の興行は13億7700万円と2010年に公開され興行収入108.0億円を記録した『トイ・ストーリー…

『トイ・ストーリー4』でバズ・ライトイヤーが「内なる声に従う!」と言ってボタンの指示に従ってた理由

<注意>『トイ・ストーリー4』のネタバレ 『トイ・ストーリー4』のバズ・ライトイヤーは「内なる声に従うんだ!」と言って自分の音声ボタンを押してその声の指示に従った行動ばかりする。この演出に「『トイ・ストーリー2』の頃のバズは自分の意志で行動出来…

テーマへの挑戦と作品評価は全く別だという事がイマイチ理解されなくて辛い『トイ・ストーリー4』

<注意>『トイ・ストーリー4』のネタバレ 『トイ・ストーリー4』の賛否が割れている。近年賛否が割れた大作映画として記憶に新しいのが2015年公開の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と2017年公開の『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』だ。 『進撃の巨人』は原…

『トイ・ストーリー4』はウッディをドン底まで落としていれば傑作になっていたかもしれない…

<注意>『トイ・ストーリー4』のネタバレ 『トイ・ストーリー4』の最大の敗因はウッディを絶望のドン底まで落とさなかった事だと思う。 「おもちゃはいずれ飽きられて捨てられる」 コレは『トイ・ストーリー』シリーズが常に提示してきたおもちゃの辛い現実だ…

『トイ・ストーリー4』のラストに込められたメッセージを考える

<注意>『トイ・ストーリー4』のネタバレ 『トイ・ストーリー4』に込められたメッセージについて考えたいと思う。 子供部屋おじさんウッディの前に昔の女が現れた『#トイストーリー4』の結末 #いつまでも君はともだち #トイ4の夏がきた #ラスト #ネタバレ #ウ…

子供部屋おじさんウッディの前に昔の女が現れた『トイ・ストーリー4』の結末

<注意>『トイ・ストーリー4』のネタバレ ディズニー・ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』を観たが、正直納得出来ない作品だった。 ※当記事は公開初日時の感想です。現在は感想が変わっている部分も多いので、項目毎に追記しています。 『トイ・ストーリー3…

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が興行的にあまり上手くいっていないという現実

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は多くの人が何となくヒットしているというイメージが植え付けられていると思う。ただ実際に数字を見てみると思いの外興行的に振るっていない。 本作の製作費は1.70億ドル。コレは2014年に公開された前作『GODZILLA』…

緩く楽しめるけど前シリーズの魅力には大幅に劣る『メン・イン・ブラック インターナショナル』

『メン・イン・ブラック インターナショナル』の感想。 本作は地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクションの4作目。ただし前シリーズまで主演を張っていたウィル・スミスは隣のスクリーンで上映され…

「本人は普通に生きてるだけのつもりなのにな…」と切なくなる『X-MEN ダーク・フェニックス』

『X-MEN ダーク・フェニックス』を観た。 『X-MEN』シリーズは『ターミネーター』シリーズに並んで作ら度に批評的にも興行的にも失敗しているイメージがあるシリーズだ。現に本作もロッテントマトで批評家支持率は23%と前作『アポカリプス』の批評家支持率47…

藤原竜也に従う砂糖の一粒になりたい映画『Diner ダイナー』の感想

藤原竜也主演の『Diner ダイナー』を観た。 youtu.be 藤原竜也が殺し屋しか客が来ない店の天才シェフを演じるだけでも面白そうなのに、予告編で「俺はーーーーーーーーーーーーーー、ここのーーーーーーーーーーーーー王だ! 砂糖の一粒までが俺に従う。従う…

『君の名は。』に対する「女子高生とタイムスリップはもう十分」という否定意見への違和感

興行収入250.3億円を記録したメガヒット作品『君の名は。』の否定意見の中で個人的にどうしても納得出来ないモノがある。 それは是枝裕和監督の「この映画に限らず、女子高生とタイムスリップという題材からはそろそろ離れないといけないのではないか、と思…

新海誠監督作品『君の名は。』興行収入250.3億円・国内歴代興行収入歴代4位の奇跡

興行収入250.3億円を記録して国内興行収入歴代4位を記録した新海誠監督作品『君の名は。』がメガヒットした理由を考える。 興行収入250億円突破までの奇跡 『君の名は。』が公開されたのは天皇陛下の生前退位やSMAP解散・こち亀連載終了など平成の終わりを感…

公開前は散々ナメてたクセにジャスミンの『speechless』で心打たれてしまった実写版『アラジン』の感想

興行収入100億円突破も狙える大ヒット中の映画『アラジン』を観てきたら、とてもいい映画だったので感想を書く。 正直観るつもりがなかった『アラジン』 正直に書けば本作との出会いはよくなかった。何故ならジーニーのビジュアルが公開された時には既に「ウ…

日常に戻ったピーターがスタークに託された想いと恋愛に悩む『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』

<ネタバレ注意> MCUフェイズ3の最終作『スパイダーマンファー・フロム・ホーム』を観た。前作『アベンジャーズ エンドゲーム』が大団円を迎えたから、蛇足になるのでは無いかと不安だったが全くそんな事はない面白い映画だった。 『エンドゲーム』と差別化し…

小説版『パラレルワールド・ラブストーリー』のタイトルからの先入観と2つの世界の描写構成の凄み

[注意] 原作と映画のネタバレ有り 東野圭吾の人気小説の実写映画版『パラレルワールド・ラブストーリー』を観たら、昔読んだ原作の構成は上手かったなと改めて思ったので書き残しておく。 本作は主人公に取って麻由子という女性が「自分と同棲する彼女の世界…

実写版『空母いぶき』を原作漫画と徹底比較!/佐藤浩市追加設定に安倍総理への「揶揄なし」

[注意] 実写版『空母いぶき』のネタバレ有り 今回は佐藤浩市さんのインタビュー内容が物議を呼んだ人気コミックスの実写映画化『空母いぶき』がテーマのエントリーです。 佐藤浩市インタビュー内容が物議 個人的に本作は正直に書けば「余り話題にならずに興…

「オキシジェンデストロイヤー」と「核兵器」の扱いに萎える『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

[注意] 本作の重大なネタバレあり 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観た。 『#ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を2D字幕で観た 怪獣バトルの迫力は凄かったが、「核」の扱いに引っかかりを覚える人が多いようだ 自分も少しモヤモヤした1人だ#映…

視聴率全話一桁だった長澤まさみ主演月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画が大ヒットした理由

長澤まさみ主演の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版が全国324スクリーンで公開され、オープニング3日間で4億8000万円を稼ぎ最終興行25億円を狙える大ヒットスタートを切った。 テレビドラマ版の視聴率は一桁 最終興行25億円を狙える大ヒットスター…

予告編で地雷感漂う映画『コンフィデンスマンJP』が「面白かった!」というネタバレ感想

今回は「ウソよ!そんなのウソ!」「まんまと騙されたわね!」というセリフから地雷感が漂っていた長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP』のネタバレ感想。 『#コンフィデンスマンJP』は何となく映画はイマイチでドラマスペシャルは面白かったという感想…

防犯カメラのリレー捜査で事件解決に向かった平成最後の事件と平成を代表する映画の監視システム描写

平成最後の事件は悠仁さまの通う中学にナイフが置かれるというモノだった。 悠仁さま中学校侵入 防犯カメラのリレー捜査で容疑者浮上 映像解析の専門チームが活躍 #毎日新聞 https://t.co/RoVFPVD95f— 毎日新聞社会部 (@mainichi_shakai) 2019年4月30日 『毎…

平成を代表する家族像となった野原一家が新婚旅行へ行く平成最後の『映画クレヨンしんちゃん』を観た

『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし』を観た。しんちゃんの映画を観に行くなんて本当に久しぶりだなと感じだけど、よくよく思い返せば2年振り。思ったよりは久しぶりではなかった。年齢と共に人生の体感スピードは速くなるというが…

青年漫画を実写映画化するとグロシーンがヌルくなる現象

映画倫理機構(映倫) [注意]グロいの苦手な人はキツイかも… 基本的に人気漫画の実写映画化は肯定的な意見を書くことが多いけど、青年漫画を実写映画化した時にグロシーンがヌルくなるのは少しガッカリしたりする。 別にグロいのが偉いとかは思ってないけど…

NGT48の問題は着地点があるのか?

[前提]誰の味方でも敵でもないよ! 素朴な疑問だけど、小室圭問題と共にHey!Say!JUMPしたNGT48の問題は着地点があるのだろうか? この事件は確か去年の12月に山口さんが男性ファンに襲われたけど、男性ファンは警察と検察の捜査の結果不起訴処分になったとい…

春休み映画興行収入レポート2019/平成最後の春を制したのはドラえもんと埼玉!?

4月30日に平成が終わる事より1年の1/3が終わる事に驚いてる奴が読者層のブログ。今回は平成最後の春休みの映画興行レポートだYO! 興行収入10億円超え作品ランキング まずは興行収入10億円突破作品の春休み映画勝ち組ランキング。ヒット作が少なくてベスト10…

平成公開映画国内興行収入ランキングトップ10!/1位は宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』

平成の国内映画興行ランキングトップ10! 見出しの画像は一部を除いて公開当時のポスターを集めたので、興味があったら拡大してみてね!キャッチコピーも面白いよ! 第1位 千と千尋の神隠し 公開 : 2001年 興行収入 : 308.0億円 第1位は宮崎駿監督が個人的な…

『アベンジャーズ エンドゲーム』大ヒットスタート!/MCU作品国内興行収入11年の歴史の全て

『アベンジャーズ エンドゲーム』が日本でもメガヒットスタートだ。そこで今回は11年に及ぶ日本でのMCU作品の興行展開の全てを振り返る。 何故か『ハルク』から公開して大惨敗 日本のMCU作品の興行歴史は2008年9月公開の『アイアンマン』ではなく2008年8月公…

最高の映画体験を与えてくれた『アベンジャーズ エンドゲーム』

『アベンジャーズ エンドゲーム』を観た。金曜にも関わらず劇場は賑わいを見せて観る前からテンションが上がった。久々に映画というメディアを体験して楽しいと思える作品だった。やはり大型シリーズの完結編程祭り感が味わえる事もないだろう。以下ネタバレ…

最早『アベンジャーズ』のスピンオフ作品感が半端ない『キャプテン・マーベル』を観てきた

MCUの大ファンは怒るかもしれないけど… 『キャプテン・マーベル』って『アベンジャーズ』のスピンオフ作品感半端なくないですか? 『ブラックパンサー』の時も思ったんですけど、集大成である『アベンジャーズ』シリーズ完結編の1ヶ月前に公開して「この映画…

紙媒体(新聞・漫画・教科書etc)は令和でも衰退し続けて、価値はドンドン無くなると思う話

令和だよ! きっと紙の価値はドンドン無くなるよ! そんな新時代が来ると思ってる… 紙媒体の価値が… 近年は紙媒体が電子媒体に負けたというニュースをよく見る。 コミックスの売り上げが… 2017年の電子コミックスの推定販売金額が紙のコミックス(単行本)を…